Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダ・ユトレヒトのミッフィーミュージアムで特別企画展「ディック・ブルーナのアトリエ」

オランダ・ユトレヒトのセントラールミュージアムとミッフィーミュージアム

ミッフィーミュージアム

オランダの中心にある町ユトレヒト、その国内最古の市立博物館セントラールミュージアムの向かいに、日本でも人気の絵本の主人公ミッフィーの名前を冠した「ミッフィーミュージアム」があります。2歳から6歳頃まで、歩き始めから就学前の子供たちが、ミッフィーとその仲間たちと一緒に、ここで小さな冒険をしながら学べるファミリー向けのミュージアムです。まるでミッフィーの絵本に入ったようなカラフルで楽しい空間は、大人も楽しめる場所です。

オランダ・ユトレヒトのミッフィーミュージアム

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2019 www.miffy.com

セントラールミュージアム「ディック・ブルーナのアトリエ」

ミッフィーの生みの親は、絵本作家やデザイナーとして知られるディック・ブルーナです。ミッフィーミュージアムの向かいにあるセントラールミュージアムには 、ブルーナさんのオリジナルのスタジオが移設展示されています。ミッフィーミュージアムとあわせて訪れたいスポットです。

世界的に有名なブルーナさんは、ユトレヒトに生まれ、ここで活躍しました。何年もの間、町の中心に構えたアトリエで絵を描き、デザインを制作していました。「ディック・ブルーナのアトリエ」では、ミッフィーと仲間たちの絵本に留まらない、ブルーナさんの多彩な作品を知ることができます。例えば、ブラックベア・シリーズと呼ばれるペーパーバックの表紙を2000点も描いています。

オラン・ユトレヒトのセントラールミュージアム ディック・ブルーナのアトリエ

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2019 www.miffy.com

アトリエでは、ブルーナさんがどのように仕事を行い、イメージのエッセンスを毎回どのように切り取っていたのかについて知ることができます。絵を描いた机や物語をつづったタイプライター、日本のファン、学生、取材者と会い、出版社やメルシス社と打ち合わせをしたミーティングスペースが見学できます。

セントラールミュージアムには、ディック・ブルーナ作品の版権を扱うメルシス社より、25000点もの作品が貸与されています。

特別企画展「ディック・ブルーナとユトレヒト」
Dick Bruna and Utrecht
会期:2019119日~202031

オランダ・セントラールミュージアムの企画展 ディック・ブルーナとユトレヒト

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2019 www.miffy.com

ディック・ブルーナさんは、ユトレヒト市のアーティストとして重要な役割を担っていました。市や関連機関のために様々なデザインを手掛けました。本展では、1986年から始まったブルーナさんのデザインプロジェクト「ユトレヒト、私の心の町」を基軸に、あらゆる方面で才能を発揮したデザイナーのユトレヒト市への貢献が紹介されます。また、デザイン、ポスター、写真、モノ、新聞記事などを通して、ブルーナさんとユトレヒト市が長い年月に培った温もりあふれる絆を伝える、とても魅力的な特別展となります。訪問者が写真を撮って参加できるコーナーもあります。

特別企画展「ディック・ブルーナとユトレヒト」は2019年11月9日~2020年3月1日まで開催します。
公式ウェブ(英語)で事前にチケットを購入できます。
https://nijntjemuseum.nl/plan-your-visit/group-visits/?lang=en

ページトップへ