Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ブリュッセルのシンボル 小便小僧400年を迎えて

ブリュッセルの小便小僧

ベルギーの首都ブリュッセルのアイドルといえば「小便小僧」です。その歴史を14世紀頃までさかのぼる小便小僧は、数世紀の間、ブリュッセル市民に愛されてきました。ブリュッセル市が小便小僧の噴水を改修し、彫刻家ジェローム・デュケノワ一世により現在知られるブロンズ像が作られたのは、1619年。2019年12月にちょうど400周年を迎えます。

デュケノワ一世は当時重要な彫刻家として知られ、ブリュッセル及び周辺の主要な教会の彫像をつくり、政府の依頼で多くの作品を残しましたが、戦火や改修によりほとんどが姿を消しました。「小便小僧」が彼の代表作といえます。盗難や破壊の危険から、現在本物はブリュッセル市博物館に飾られています。(噴水で観られるのはレプリカです)

飲み水を供給するため作られた小便小僧(の噴水)は、長い歴史のなかでブリュッセルの人々に親しまれ、町のアイコンに成長しました。小便小僧の由来は諸説ありますが、そのひとつが街を爆破しようとしかけた爆弾の導火線に小便をかけて火を消した、救世主の少年伝説に基づくもので、その少年の名ジュリアンにちなんで、「ジュリアン坊や」の愛称で呼ばれています。

ブリュッセルには小便小僧をモチーフにしたものも多く見られる (c)Pieter Heremans

デュケノワの時代から、宗教行事など特別な時に、小便小僧に衣装を着せる慣習がありました。世界中に知られるようになった現代、各地から様々な衣装が贈られ、その数は1000着近くまで増えました。世界で最も多くの洋服をもつ子供とも言われています。

400周年を迎える今冬「小便小僧」をとことん観光してみませんか?

● クリスマスマーケットで宝探し

ブリュッセル (c) Eric Danhier, Visit Brussels

小便小僧のブロンズ像が設置されたのは、1619年12月16日とされています。
400年を記念して、ブリュッセルのクリスマスマーケット(2019年11月29日~2020年1月5日)に、小便小僧が「主賓」に迎えられ、期間中「宝さがし」ゲームが行われます。位置情報を使ったアプリで宝探しを楽しんで、小便小僧にちなんだ賞品を手に入れましょう。ゲームの詳細はクリスマスマーケットの公式ウェブ(英語)で今後紹介されます。

● ブリュッセル市博物館の小便小僧

グランプラス広場に面した「王の家」にあるブリュッセル市博物館Musée de la Ville de Bruxellesに、オリジナルの小便小僧とその歴史を紹介する展示部屋があります。ぜひオリジナルにも会ってみてください。またこの博物館には、ピーテル・ブリューゲル(父)の絵画、タペストリー、陶器など見応えのある作品が展示され、ブリュッセルの歴史を学べる場となっています。

開館:火曜~日曜 午前10時~午後5時

● 小便小僧衣装ミュージアム

小便小僧の衣装は約1000点、世界一の衣装持ちと言われています。小便小僧の噴水から目と鼻の先の「小便小僧衣装ミュージアムGardeRobe MannekenPis」では、そのうち約100点を展示。400周年を記念して2020年5月31日まで、衣装の歴史を紹介するポップアップ展示が行われています。ブリュッセル市博物館のチケットで、小便小僧衣装ミュージアムの入館が無料となるので、立ち寄ってみましょう。

開館:火曜~日曜 午前10時~午後5時

ブリュッセルの小便小僧衣装ミュージアム

世界各地から寄贈された衣装が並ぶ

ブリュッセルの小便小僧衣装ミュージアム

ベルギーのカーニバルの衣装を着た小便小僧

● 小便小僧の衣装デザインコンテスト

400周年を記念して、ブリュッセルの小学生が小便小僧の衣装をデザイン。公式の小便小僧衣装デザイナーと受賞した生徒たちによって作られた優秀作品が展示されます。2020年5月7日にはブリュッセル市庁舎で授賞式が行われます。

● 書籍

ブリュッセル市古文書博物館より、小便小僧の初の科学的書籍が発行されます。謎の多い小便小僧の秘密がわかるかもしれません。書籍は2020年4月にwww.cairn.info上で紹介されます。

● 400周年記念硬貨

ベルギー王立造幣局が、ベルギーの2.50ユーロ硬貨のデザインに「小便小僧」を採用。12万枚の400周年記念硬貨がHerdenkingsmuntenで販売されます。

参照:小便小僧400周年について(ブリュッセル市英文サイト)
https://www.brussels.be/400-years-manneken-pis

ページトップへ