Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

フランドル絵画年2020 ファンエイクとめぐる旅

2020年のベルギー・フランダースでは、2018年から始まったフランドル絵画年の締めくくりとして、フランドル派の初期の大家ヤン・ファン・エイクにフォーカスします。また、フランダースのルネッサンス時代といわれる画家が生きた15世紀の「ブルゴーニュ公国」で花開いた文化も紹介されます。

ベルギー・ゲントのヤン・ファン・エイク展

2020年に開催されるイベントの中で最も注目されるのが、ゲント美術館で2020年2月1日から4月30日まで開催される、特別企画展「ヤン・ファン・エイク:視覚の革命」展 JAN VAN EYCK: AN OPTICAL REVOLUTIONです。

本展には、20点ほどしか現存しないとされるヤン・ファン・エイクの作品の半数が展示される予定です。約600年前のファン・エイクの作品を中心に、古い貴重な作品を集めた特別な展覧会です。
ゲントの祭壇画「神秘の子羊」の修復が完了した外側パネル(画像下)がハイライトとして展示されます。

神秘の子羊の修復後の外側パネル

聖バーフ大聖堂「神秘の子羊」修復の終わった外側のパネル
Jan (Maaseik?, c. 1390 – Bruges, 1441) and Hubert van Eyck (c. 1385-1426) The Adoration of the Mystic Lamb, 1432 Outer panels Oil on panel St Bavo’s Cathedral, Ghent(c)www.lukasweb.be – Art in Flanders vzw

2020年2月から4月にかけてベルギーを旅行される方は、ぜひファン・エイクゆかりの場所をめぐってみませんか? 個人旅行のプランに取り入れやすい、電車を使った1泊2日のモデルコースをご紹介します。

≪1日目≫

ファン・エイクが宮廷画家として仕えた「ブルゴーニュ公国」の首都が、ブルージュでした。15世紀当時の雰囲気を残した街を歩くだけで、ファン・エイクの時代を感じられます。ブルージュで、ファン・エイクが残した傑作を観ることができます。

ブルージュの景観

ブルージュの運河はボートツアーで巡るのが楽しい

午前:ベルギーの首都ブリュッセルから、直通電車で1時間、ブルージュ(Bruges)に到着。駅に荷物を預けて市内へ。

牛肉の煮込みカルボナード

ランチ:市内唯一のブリューワリ―「デ・ハルフェマーン De Halvemaan」でランチ。ベルギー名物、牛肉のビール煮込みカルボナードとフリッツ(フライドポテト)と地ビールのセットなどがおすすめ。醸造所の見学ツアーに参加すると、建物の上からの市内の眺めも楽しめる。

醸造所見学ツアーでは屋上からの絶景を

午後:グルーニング美術館 Groeningemuseum でファン・エイク作の「ファン・デル・バールの聖母子」とファン・エイクの妻がモデルとされる「マルガレーテ・ファン・エイクの肖像」を鑑賞。他にも初期フランドル派のメムリンク、ヒエロニムス・ボス(と工房作)、マグリットなどの名画も観られる。

グルーニング美術館 ヤン・ファン・エイク「ファン・デル・パーレの聖母子」(c)Jan D’Hondt, Toerisme Brugge

グルートフーズ博物館 へ。ここはブルゴーニュ公国時代に栄華を極めたグルートフーズ家の建物をミュージアムにしたもの。ここでは名産のレースや貴族の食卓、衣装、家具といったブルゴーニュ公国時代からのブルージュの文化を知ることができる。聖母教会につながったグルートフーズ一族専用のチャペルやテラスからの眺めも必見。

グルートフーズ美術館

グルートフーズ博物館 Toerisme Brugge (c)Jan D’Hondt

夕方:ブルージュ駅で荷物を引き取り、直通電車で30分、ゲント(Ghent)に到着。駅から市内は距離があるのでタクシーを利用。宿泊は、元中央郵便局の建物を使ったデザインホテル 1898ザ・ポストやレイエ川越しのギルドハウスの眺めが美しいマリオットなどがおすすめ。どちらも中心部にある。

元中央郵便局をリノベーションした 1898ザ・ポスト (c) 1898 The Post

ディナー:市内のレストランで、ベルギー名物ワーテルゾーイを。ゲントでは鶏肉を使ったものが有名。さらっとしてコクのあるスープで温まる。

ゲント名物の鶏肉を使ったワーテルゾーイ (c) Kris Jacobs

ディナーの後は、夜景で有名なゲントの町を散策。

ゲントの夜景 (c)D. de Kievith

≪2日目≫午前:ゲント美術館 MSK Gent でファン・エイク年のハイライトとなる特別展「ヤン・ファン・エイク:視覚の革命 Van Eyck. An Optical Revolution 」を鑑賞。チケットはゲント美術館の公式ウェブで事前購入の必要あり。旅の予定が決まったら、早めに予約しよう。祭壇画「神秘の子羊」の外側パネルをここで鑑賞。
聖バーフ大聖堂へ。祭壇画「神秘の子羊」の内側パネルをここで鑑賞。子羊が描かれたメインパネルの修復が終わり、修復後の姿が飾られる予定。

ファンエイク 神秘の子羊

2019年末に修復完了が予定される「神秘の子羊」のメインパネル部分

ランチ代わりに名物食べ歩き:ブリュッセル・ワッフル発祥の店「MAX」で甘いワッフルランチ、またはミシュラン星レストランシェフ監修のフリッツ(フライドポテト)専門店「Frites Atelier」へ

Groentenmarkt でゲント伝統の菓子キュベルドンの屋台や、マスタードで有名なレトロ可愛い食料品店 Tierenteyn Verlent などで食べ歩きとお土産の買い物。広場向いにあるVleeshuisではゲント産の食品を食べたり、買ったりする。

名物マスタードを売るレトロな食品店  (c) Tomas Kubes

ゲントのローカルスイーツ、キュベルドン

午後:直通電車で約1時間のメッヘレン(Mechelen)へ、荷物をホテルに置く

カリヨンのある鐘楼で知られる聖ロンバウツ大聖堂へ。538段の階段を上ると、メッヘレンの街が一望のもとに。

2019年リニューアルオープンしたばかりのブスレイデン邸ミュージアムを訪問。15世紀後半にハプスブルク家が継承したブルゴーニュ公国領ネーデルラントの首都となり、100年ほどの間、政治と文化の中心として栄華を極めたメッヘレンを紹介するミュージアムで、当時の様々な美術・工芸品が観られます。

全日空の直行便(夜出発)利用の場合:
夕方、メッヘレンからブリュッセル空港へ。ベルギー鉄道で11分と便利です。

乗継便利用の場合:
夕方、ベギン会周辺を散策し、ディナーは元ベギン会院の建物だった歴史あるビール醸造所ヘットアンケルで。ここのブラッセリーではビールを使った料理の他、名物の地鶏のメニューが食べられます。

宿泊には、教会を改装したデザインホテルMartin’s Patershofなどがあり、ゆったりと寛げておすすめです。

このトピックの関連記事
ファン・エイク記念年のハイライト

ページトップへ