Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

冬のオランダを楽しむ7つのヒント

クリスマスや年末年始を海外で過ごすのも楽しいもの。
さらにオフシーズンとなる冬は、ホテルや航空券の価格がさがり旅に出かけやすくなります。
冬ならではの楽しい過ごし方をご紹介します。

36770_fullimage_Kerstboom,_Den_Haag_300dpi_2512x3452px_J

(1)クリスマス・ショッピング
12月はアムステルダムなどの小さなショップからデ・バイエンコルフといったデパートまで多くのお店がクリスマス仕様になる。またクリスマスマーケットというこの時期だけの露店を現地の人と一緒にひやかして歩くのも楽しい。マーケットは国内最大2.5kmに200の店舗が並ぶドルドレヒト(Dordrecht)や洞窟の中にあるファルケンブルグ(Valkenburg)のマーケットが特に有名。東部のデフェンター(Deventer)では毎年「クリスマスキャロル」の著者のディケンズの名前を冠したフェスティバルを開催。19世紀のコスチュームに身を包んだ人々が街中にあふれる。

アムステルダム ニューイヤー 花火

(2)ニューイヤーイブ(大晦日)
アムステルダムのレンブラント広場、ミュージアム広場、ライツェ広場をはじめ主要な広場でDJなどによるカウントダウンイベントが行われるのが恒例。ニューマルクト周辺の中華街も盛り上がる。人気レストランやクラブは予約が必須。ニューイヤーイブにはオリーボーレン(oliebollen)とよばれる丸い揚げドーナッツを食べてお祝いする。たくさんの花火が打ち上げられ盛り上がるパーティーの日だ。

(3)美しいイルミネーション
amsterdam-126-janet-echelman-copyright-janus-van-den-eijnden-22

日没が早い時期は、それを逆手に取ったライトアップが見物となる。アムステルダムで12月から1月上旬にかけて行われる「アムステルダム・ライト・フェスティバル」は、30の国内外の照明アーティストが参加して、デザインの国オランダらしい斬新な照明アートが街中に出現する。「Illuminade」とよばれるライトアップされたオブジェをめぐるルートや「Water Colors」とよばれる運河めぐりのボートに乗って、水上からライトアップされた街並を楽しむツアーがおすすめ。

(4)アイススケート文化の国でスケートに挑戦
アムステルダム ウェステルパーク スケート

冬は街中に設置された屋外のアイススケートリンクでスケートが楽しめる。アムステルダムのライツェ広場、ミュージアム広場の前、ハーグに隣接したスヘフェニンヘンなどが有名。スケート靴のレンタルもあるので気軽にチャレンジできる。スケートの後はホットチョコレートやおふくろの味エルテンスープ(緑豆のスープ)で温まろう。200kmを超える天然氷上を走るクレイジーな11都市スケートマラソンを開催することからもわかるように、アイススケートはオランダ人の冬の国民的スポーツ。寒波が来て運河や湖が凍り始めるとオランダ人はマイ・スケート靴を磨き始める。氷が十分の厚さになると待ちきれないかのように氷上に飛び出すのだ。

(5)寒いときに寒いことをする
オランダ 冬 ビーチ 砂浜

北海に面したオランダには250kmの海岸線があり、オランダ人は海岸歩きを一年中楽しむ。夏は人があふれるビーチも冬はとても静か。オランダの風景画家が描いた空や光を探して、静かにそっと海岸線を歩きたい。海岸沿いにはレストランやカフェがふんだんにある。ハーグから気軽に行けるスヘフェニンヘンやザントフォールト、ベルゲン、ノールドワイクなどは施設が充実していておすすめ。
もっと寒さを体感したい人におすすめしたいのがニューイヤーの寒中水泳。このイベントに参加するオランダ人は36000人を超える!最大のイベントはスヘフェニンヘンで行われる。なんと1万人が参加。見ているだけでも十分寒くなれるイベントだ。国内およそ80ヶ所のビーチで開催。

(6)体を温める冬の伝統料理
オランダ エルテン スープ

冬の長いオランダには、冬ならではの体を温めてくれる伝統料理が発達した。定番のじゃがいも、冬野菜、肉(ソーセージやベーコン)を煮込んだものが多い。スタムポッット(stamppot)やエルテンスープ(erwtensoep)やヒュッツポット(hutspot)が代表的。レストランのメニューで見かけたら、食べてみよう。ペペーノーテン(pepernoten)といったスパイシーなクッキーやオリーボーレン(oliebollen)などのスイーツも冬の代名詞。アムステルダムの Greetje (住所Peperstraat 23)や Dorrius (住所 Nieuwezijds Voorburgwal 5)、ロッテルダムのBranco (住所 1e Pijnackerstraat 120b)などは伝統料理に定評がありおすすめ。

(7)ロッテルダムのスネルトラム
ロッテルダム トラム

一般的に市内観光ツアーはバスでまわるものが多いが、ここロッテルダムではトラム(路面電車)でまわるユニークなツアーを開催している。さらに車内では、オランダ伝統のエルテンスープがふるまわれる。90分のコースで街の観光と伝統的なスープを楽しもうという趣向。スネルトラムの snert とは豆のスープの愛称。クラシックなスープと対照的なロッテルダムのモダンな建築郡やフットボールスタジアム「デ・カイプ」、昔ながらの港町の風情を残すデルフスハーフェン地区などを走る。車内ではアコーディオン演奏を楽しんだり、ガイドから街のトリビア(雑学)を聞いたりとリラックスし楽しめる。10月から5月までの毎週末開催。出発および帰着場所 Boezemstraat 188, Rotterdam

ページトップへ