Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

伝統を伝えるブルージュのレースセンター

(c) Michel Vaerewijck

ベルギーの誇る伝統工芸といえば、ボビンレースに代表されるレース、タペストリー、ダイヤモンドなどがあります。 いずれもフランダースで発達した熟達の技を極めるもので、宮廷文化とともに発展し、 重要な輸出品としてベルギーの経済に貢献してきました。 中世の時代から続くベルギーレースの繊細な美しさは、ベルギーはもちろんヨーロッパ各地の王侯貴族・聖職者たちの衣服を華やかに彩ってきました。 現在、量産しているものはほとんどが機械編みですが、複雑な部分は今でも手仕事です。 数は少ないですがハンドメイドのものもあり、手仕事の伝統が生きています。またアンティークは根強い人気があります。

ブルージュはレース文化が色濃く残る町。 数は少なくなりましたが現在も職人や愛好家が手作りのボビンレース編みを静かに紡ぎ続けます。 そこでぜひ覗いてみたいのが「レースセンター( Kantcenrum)」です。 15世紀にジェノバの商人、アドルネス家が救貧院として建て、かつてはレース職人が家族と共に住んでいた家が、現在、各時代のベルギーレースのコレクションを展示するミュージアムとなっています。

またここはレース作りの伝統技能を伝える学校としても機能しています。 通年行われるコースのほか、夏の初心者向け5日間コース(材料費別210ユーロ)など短期で学べるコースもあります。 開館日の午後(12月25日-1月2日を除く)にはボビンレースの実演が見られます。 またここで作られた素朴な作品は良心的な価格で販売されているので、ハンドメイドを手ごろな値段で手に入れたい方はショップへ立ち寄るのをお忘れなく。 ボビンレース制作の材料も販売しています。

レースセンター Kantcenrum
開館: 月曜から土曜日(祝日を除く) 午前10時から午後5時まで
入館料: 3ユーロ(6歳以下無料。学生及び65歳以上は証明できるIDがあれば2ユーロ)
住所 Peperstraat 3A, Brugge
Tel. +32 (0)50 33.00.72
Fax +32 (0)50 33.04.17
Eメール info@kantcentrum.eu
マルクト広場から1km(徒歩15分)
ウェブサイト http://www.kantcentrum.com/

レースセンターまで足を延ばしたらついでに寄ってみたいのが、美しいアンティークレースのコレクションやハンドメイドレースを扱うショップ「アポステリーンチェ(’t Apostelientje)」です。 高貴な方用の洗礼レース着といった高級品から、部分的にレースをあしらったベッドカバーや、アンティークレースの花模様をを切り取って額に納めた小品、気軽に買えるコースターなどまで、本物志向の方にはぴったりのハンドメイドにこだわった品々を、幅広く取り揃えています。 古くは16世紀のものから現代まで6世紀にわたる700点ほどのコレクションを販売。

店名 ’t Apostelientje
住所 Balstraat 11, Brugge
アクセス レースセンターを出て右へ。教会の前を通り、右折し、50mほど進んだ左手にお店の看板が見えます。
Tel +32 (0)50 33 78 60
営業 9時30分-12時15分 13時15分-17時
(日曜日の午後、月曜終日、火曜日の午前中はお休み)
ウェブサイト http://www.apostelientje.be/UK/

 

ページトップへ