Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ロンド100周年イベント、フランダースでサイクリングの旅

(c) Westtoer

(c) Westtoer

ベルギー・フランダースは、知る人ぞ知る自転車大国。各地にサイクリングルートがあり、ベルギー国鉄の主要駅ではレンタサイクルができます。今年は欧州で最も伝統ある自転車のクラッシクレースロンド・ファン・フラーンデレン100周年という記念の年。この機会にベルギーでサイクリングを体験してみませんか?

「ロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・デ・フランドル)」は欧州で最も伝統ある自転車のクラシックレース(ワンデーレース)です。1913年から行われているこのレースは、1日で250kmの過酷なルートを走破することでも知られています。またベルギー、北フランス、オランダで行われる自転車クラシックレースの中で一番初めに開催されるため、自転車シーズンに春を告げるレースとなっています。

開催100年を迎える今年のレースは3月31日に開催されました。その様子は世界各国にテレビ中継され、たくさんの人がコース沿道で熱心な声援を送りました。さらに、開催100年の記念行事として「ロンド・ホンドレッド(Ronde 100)」が開催されます。ハイライトは、2013年5月25日に開催されるエディ・メルクス・サイクルス社主催のレトロな自転車レース。数十年前に競技で使われたレースバイクやウェアを使用し、当時のレースが再現されます。ウェブサイトでは詳しい情報を英語でお知らせしています。

フランダースの自転車について(英語)http://www.cycling-in-flanders.com/

©www.milo-profi.com

©www.milo-profi.com

ロンド・ファン・フラーンデレン博物館 Cetrum Ronde van Vlaanderen
ブリュッセルから西へ約70kmの町アウデナールデ(Oudenaarde)には、ロンド・ファン・フラーンデレンの博物館があります。歴代のレースの勝者を写真入りで紹介したパネルやレースシーンの映写室、石畳の道を自転車で走る疑似体験が出来る自転車が展示されています。ショップでは、コレクターに大人気のオリジナルジャージや、プロチームのグッズも販売されています。アウデナールデまではブリュッセル中央駅から直通列車で約50分です。
ウェブサイト(英語) http://www.crvv.be/en/museum/museum

レンタサイクルやMY自転車でめぐるフランダース・おすすめコース

ブリューゲル街道(ブリュッセル郊外)
ブリュッセルの南西10km〜30kmには、16世紀の画家ブリューゲルが愛したフランダースの原風景が広がっています。特に秋は黄葉がきれいな地域。ブリューゲルが描いたような景色や建物があり、作品の案内板とともに見られます。ルートは全長45kmとかなり長いので、「盲人の寓話」に描かれたシント・アナ・ペーデの教会、「絞首台のカササギ」に描かれたシント・ヘルトルディス・ペーデなどポイントを絞ってまわるのがおすすめです。ブリューゲル街道ルートマップ(PDF)はこちらからダウンロードできます

(c) milo-profi

(c) milo-profi

ブルージュからダムへ
一方通行など交通規制が多いブルージュでは自転車が便利。街中の観光にもおすすめです。ブルージュからは8kmほどの町ダムは中世にはブルージュの外港として栄えたところ。ブルージュからダムへ向かう運河沿いののどかな道は、のんびりサイクリングをするのにぴったりです。

ブルージュ〜ダムは船でも行き来できるので(所要35分、4月〜10月中旬 www.toerismedamme.be/boot.htm)片道だけサイクリングを楽しんでも。ブルージュ市内の自転車ツアー、レンタサイクルのリストはこちらから。
 

アントワープ

Antwerp City Bike (c)www.milo-profi.be

Antwerp City Bike (c)www.milo-profi.be

アントワープでは、7月〜9月の週末に3時間で市内を回るサイクリングツアーがあります。15名以上の団体ならば、夏や週末以外でも要予約でガイド付きツアーができます。そのほか、アントワープ市内各所でレンタサイクルできるので、自分で自転車を借りて町を回るのもお勧めです。

自転車なら、アントワープ市内南部のインテリアショップが立ち並ぶおしゃれなレオポルド・デ・ワールプラーツ周辺やザウド地区や北部の新しいミュージアムMASへも移動しやすくなります。アントワープのレンタサイクルのリストはこちらから。

ページトップへ