Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダ春から初夏にかけての花のイベント

キューケンホフ公園 オランダ チューリップ

今年は暖かい春を迎えたオランダ。オランダを代表する庭園であり、旅行者に人気のキューケンホフは先週オープンし、広さ32ヘクタールの敷地の中、総計700万株もの色とりどりの春の球根花が訪れる人を迎えています。北海沿岸のチューリップ畑が色づくのは4月に入ってからとなります。

世界一の花卉の輸出を誇るオランダにはチューリップ以外のたくさんの花も楽しむことができます。おすすめのイベントのひとつが「フロラリア・ネーデルランド」。屋内で行われる大規模な花の祭典です。1809年に初回が開催され200年以上の歴史をもつベルギーのゲントの「フロラリア」が、今年初めてオランダで開催されることになりました。

フロラリア ネーデルランド オランダ スヘルトゲンボス

第1回は2014年5月9日〜18日。今後5年に1度開催予定です。花の国オランダから最新の花のトレンドやアレンジメントを紹介する大規模なガーデンが会場に誕生します。花、植物はもちろん、果物、野菜の展示もあり、デモンストレーション、レクチャー、ティスティングなども予定しています。

開催地はアムステルダムから鉄道へ南へ1時間のスヘルトゲンボス(デンボス)となります。

開催期間 :2014年5月9日〜18日
開催時間:10時〜18時
入場料金:17.50ユーロ
会場敷地面積:4ヘクタール
ウェブサイト: http://www.floralien.nl
会場: スヘルトゲンボス(アムステルダムから南へ約100km)、ブラバントハーレン http://www.brabanthallen.nl

アムステルダム・チューリップ・デイズ

ファンローン ミュージアム アムステルダム チューリップデイ

トルコ原産の花が品種改良されてできたチューリップは17世紀に大人気となり、オランダでは投機の対象にまでなりました。「チューリップ・バブル」と言われた時代、人々はチューリップを手に入れることに熱狂しました。当時繁栄を誇ったアムステルダムも例外ではありません。そんな時代とリンクしつつ、オランダの花、チューリップを市街地でも楽しんでもらおうとアムステルダム運河400周年を迎えた昨年企画されたのが「アムステルダム・チューリップ・デイズ」。アムステルダムのファン・ローン博物館がアムステルダム・チューリップ博物館、アムステルダム市の協力を得て、ガーデン設計家のサスキア・アルブレヒトと共に開催しました。このイベントは好評につき今年も開催されます。5月最初の週末に6つの観光アトラクションがチューリップで飾られ来訪者を迎えます。市内各所にもチューリップの飾りつけが見られます。ぜひお楽しみください。

開催期間:2014年5月3日(土)〜4日(日) 午前10時〜午後5時
入場料:€ 12,50 (入館できるすべての建物とチューリップで飾られた市内のスポットを掲載した地図付)
販売場所:ファンローン・ミュージアム Museum Van Loon, Keizersgracht 672
http://www.museumvanloon.nl/eng/agenda.php
イベントウェブ:http://www.tulpendagenamsterdam.nl/(オランダ語)
アムステルダム市内中心のチューリップの見どころ(公園など)と参加観光アトラクションの地図(PDF)

オープン・ガーデン・デイズ(アムステルダムの秘密の花園)

アムステルダム 秘密の花園 オープンガーデン オランダ

チューリップの後、初夏に入るとオランダでは本格的なガーデニングのシーズンに入ります。アムステルダムでは毎年6月の第3週末に、30軒近くの運河沿い家(カナルハウス)やその庭が一般公開されます。アムステルダムのカナルハウスは間口が狭いのですが、奥に長く作られており、表通りから見えないところに思いがけない広い庭園が広がっていることがあります。そのため「秘密の花園」とも呼ばれるこの素敵なイベントでは、通常は公開されていない住居の庭やイベントのために張り切って花で飾られた小さなミュージアムの庭など様々な庭園が見られます。

開催時期: 2014年6月20日〜22日 午前10時〜午後5時
イベントウェブ(英語):http://www.opentuinendagen.nl/

ページトップへ