Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ブリュッセルの王宮 夏の特別公開

ブリュッセルの王宮は、ベルギーの首都にある最も美しい建物の一つです。 正面にあるブリュッセル公園を挟んだ反対側に国会議事堂があり、王宮では国王が国の長として執務にあたります。 また、国賓を迎える公式行事にも使われている重要な建物です。 王宮の屋根に国旗が掲揚されている時は、国王がベルギー国内にいらっしゃると言われています。

ベルギー ブリュッセル 王宮 夏 一般公開

ブラバント公の宮殿跡地に建てられた現在の建物は、18世紀にネーデルランド王オレンジ公ウィレム1世の治世下に再建されたものを礎とし、1904年に国王レオポルド2世によってルイ16世様式に改築されたものです。 建物の両翼部分は18世紀に建てられたもので、右翼に歴代の王の紹介と共にベルギーの歴史を学べる「ベルビュー博物館」があります。

ブリュッセルの王宮は夏季に一般に無料で公開されます。 貴重な絵画やタペストリーはもちろん「鏡の間」は必見です。 ベルギーを代表する現代アーティストのヤン・ファーブルが、この部屋の天井とシャンデリアをタイの玉虫140万匹の羽(さやはね)で覆い、幻想的な空間「喜びの天国」を作り出しました。

王宮の近くには、王立美術館、楽器博物館、アートセンターBOZARなど芸術と文化を担うスポットが集まっています。 美術探訪と共に、普段は見ることのできない豪華な王宮のインテリアを鑑賞してみませんか?

(C) Luc Viatour GFDL

(C) Luc Viatour GFDL

建物の正面にあるブリュッセル公園は、緑豊かな市民の憩いの場で多くの彫像や噴水が配されています。 1835年、建築家ジンネの設計によってフランス庭園に造り変えられました。 観光の合間のリフレッシュに最適です。 夏は多彩なイベントも行われます。

ブリュッセルの王宮 夏の一般公開
日程:2014年7月22日(火)〜9月7日(日)2017年7月22日(土)~9月3日(日)入場無料
住所:Paleizenplein, Brussel 1000
(ブリュッセル中央駅から徒歩10分)

※ブリュッセルの王宮について詳しくはこちら英語のページ(ベルギー王室の王宮関連のページ)もご覧ください。

ページトップへ