Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

アール・ヌーヴォー建築の故郷を訪ねて〜ブリュッセル

ブリュッセルはアール・ヌーヴォー建築の宝庫。 アール・ヌーヴォー様式を建築に初めて取り入れたヴィクトル・オルタの邸宅をはじめ、町を歩けば美しい建築が各所にあり、この地で19世紀末から20世紀初頭に栄えた文化が今に息づいています。

(c) Olivier van de Kerchove

(c) Olivier van de Kerchove

◆ 世紀末美術館

ベルギー王立美術館内にあり、 19世紀末から20世紀初頭の絵画、工芸品など様々な作品を展示するミュージアム。

ミュシャの彫像のほか、6つの著名なアールヌーヴォー建築の内観と外観が3Dの映像で見られるマルチメディアスクリーンがあります。 ベルギーの名画家アンソール、クノップフなどの作品鑑賞と合わせて見学したい。

◆ オルタ美術館

アール・ヌーヴォー建築の父、ヴィクトル・オルタの自邸兼アトリエがミュージアムとして一般公開されています。

1898年から1901年にかけて建造された美しい建物は、外観だけでなく、壁画、モザイク装飾、家具、ステンドグラスなどのすべてがオルタの設計。全体を通しで、オルタの審美眼により素晴らしい調和を見せています。

ベルギー漫画センター (c)Pieter Hereman

ベルギー漫画センター (c)Pieter Hereman

◆ ベルギー漫画センター

漫画王国ベルギーの60年以上にわたる歴史を、4500点を超える原画等の展示により紹介するミュージアムです。

日本でも知られる≪タンタン≫のなどの原画も展示しています。世界最大の漫画図書館も併設。

ヴィクトール・オルタの設計によるアール・ヌーヴォー建築で、元は繊維会館として建てられた繊細で美しい建物も必見です。

◆ 楽器博物館

楽器博物館最上階のレストラン (c)www.milo-profi.be

楽器博物館最上階のレストラン (c)www.milo-profi.be

バイオリン、ピアノなど西洋の楽器の他、古代の楽器やインド、アフリカ、インドネシアなど世界各地の楽器 1500点以上のコレクションをもつ、世界有数の楽器の博物館です。

建物はかつて百貨店だったもので、鉄のラインで彩られた窓枠などのアール・ヌーヴォー装飾が見事。最上階にはブリュッセル旧市街を一望できるカフェがあります。

◆ ヴァン・ビューレン美術館

高級住宅街ウックルにある芸術愛好家ダヴィッド・ヴァン・ビューレンの元邸宅。 20世紀前半の見事なアール・デコの調度やタペストリーの他、ブリューゲル(父)の「イカロスの墜落」やゴッホの「馬鈴薯をむく人」など15世紀から20世紀までの幅広い作品が見られます。

サティが使ったアール・デコのピアノや、ラリックのガラス作品などもさりげなく置かれています。 美しい庭園も見逃せません。
ヴァン・ビューレン美術館について詳しくはこちらのページを合わせてご覧ください。

◆ ラーケン王宮の温室(4月下旬〜5月上旬公開)

ラーケン王宮の温室 (c) Olivier Polet

ラーケン王宮の温室 (c) Olivier Polet


ブリュッセル北部ラーケン地区にあるラーケン王宮は、ベルギー王室がお住まいになられているため一般公開されていませんが、同居住区内にある巨大な王宮温室が春に2週間ほど特別公開されます。 レオポルド2世が世界中から集めた植物が育てられ、毎年多くの人が訪れます。 温室は建築物として高く評価されています。 ヴィクトル・オルタの師であるアルフォンス・バラ設計のアールヌーヴォー建築でガラスと鉄骨が贅沢に使われたもの。 別名「ガラスの宮殿」と呼ばれます。

アールヌーヴォー・スタイルを楽しむレストラン&カフェ

◆ Le Falstaff グランプラスにほど近いアールヌーヴォーのインテリアとぬくもりあふれるステンドグラスで有名なレストラン。サンドイッチのような軽食からベルギーの家庭料理までいろいろなメニューがある。
◆ La Porteuse d’Eau 天井の丸いステンドグラスとらせん階段の曲線が美しいレストラン。 伝統的なベルギー料理が楽しめる。
◆ Le Corbeau 落ち着いたアールヌーヴォー調インテリアのブラッスリー。 
◆ Cafe Metropole ホテルメトロポールの1階。 ベル・エポックの雰囲気に浸れる豪華なお店。

◆ Taverne Greenwich アールヌーヴォーのインテリアとベルギー料理が楽しめる。元々はチェスを楽しむ習慣があったクラシックなバー。

◆ Le Cirio グランプラスにも近い証券取引所の隣にあるビストロ風カフェ。1883年創業でネオ・ルネッサンスとアール・ヌーヴォー双方の要素を取り入れた当時のブリュッセルの面影を残すカフェのひとつ。
住所:Rue de la Bourse, Brussels
Tel. +32 (0)2 512 13 95

ページトップへ