Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

アムステルダム国立美術館 「晩年のレンブラント」

レンブラント 自画像 晩年 オランダアムステルダムの国立美術館では、本館のリニューアルの後、フィリップス棟のリニューアルを行い、ここで企画展が行われています。 2015年の企画展のハイライトは、オランダの誇る画家レンブラントの特別展です。 来月中旬からいよいよ始まります。

タイトル 晩年のレンブラント Late Rembrandt

「晩年のレンブラント」展では、レンブラントが描写、技術ともに円熟味を増した1652年頃から、レンブラントが亡くなる1669年までの、晩年の作品に焦点を当てています。 「夜警」を頂点に栄華を極め、その後、破産や愛する人の死などの悲劇に見舞われ、人生の酸いも甘いも知った晩年のレンブラント。 その頃描かれた作品は深みのある陰影で描かれた傑作が多く、後世の絵画にも大きな影響を与えています。 ロンドンのナショナル・ギャラリーほか、ヨーロッパやアメリカの美術館の収蔵品やプライベート・コレクションからの貸し出しを含め、絵画40点、素描30点、版画20点の合計90点ほどが展示されます。 

レンブラント 晩年 ロンドン ナショナル ギャラリー「晩年のレンブラント」展の見学には通常の入場料に加えて7.5ユーロの追加料金が必要となります。 国立美術館のウェブ(英語)では訪問日時を指定したチケットを事前購入できます。 なお「ユダヤの花嫁」など一部の作品が企画展に移るため、常設展では見られなくなるので注意が必要です。 「夜警」は常設展でご覧いただけます。

日程 2015年2月12日〜5月17日
開館時間 毎日 9時〜17時
 

新レストラン「ライクス RIJKS®」オープン

国立美術館のフィリップス棟に新しいレストラン「ライクス」がオープンしました。 ミシュラン星レストランで修業した常駐シェフの他、シーズンごとに国内外のトップクラスのシェフをゲストシェフとして招くという、力の入りよう。 スローフードをコンセプトに、地元のオーガニック食材を可能な限り使った料理が楽しめます。 地ビール、ジュニヴァ(オランダのジン)に加え、珍しいオランダ産ワインも扱っています。 オランダのコーヒーメーカー「ダウ・エグベルツ」の特製ブレンドなど、メードイン・オランダにこだわったレストラン。 オープン1か月半で早くも高い評価を得ているようです。 インテリアデザインは、ロッテルダム中央駅や、アムステルダム市内のおしゃれなブラッセリー「プランダージュ」を手がけたパウル・リンセによるもの。 営業は毎日11時半〜23時です。 国立美術館でたっぷりアートを堪能した後に訪れてみてはいかがでしょう。

RIJKS-restaurant

ページトップへ