Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ベルギー ブリュッセルでカール5世のお祭り

markt9

5月から9月にかけて、ベルギーの首都ブリュッセルで、芸術と科学に多くの革新が起きたヨーロッパのルネッサンス時代を振り返る「カール5世のお祭り(Carolus V Festival)」が開催されます。  お祭りは毎年行われているものですが、2015年は、神聖ローマ皇帝カール5世が、最初の領地を譲り受けてから500年という記念の年を迎えるため、大々的にお祝いされます。 カール5世はその治世約40年の間、多くの時をブリュッセルで過ごしました。 様々な文化的なイベントを通じて、16世紀のヨーロッパにおける歴史と遺産を体験することができます。 以下に「カール5世のお祭り(Carolus V Festival)」の主なイベントをご紹介します。

アンドレアス・ヴェサリウス展
日程 2015年5月7日(木)〜8月30日(日)
ブリュッセル出身の解剖学者・医師で現代人体解剖の創始者といわれるヴェサリウスの功績とカール5世との関係を、多くの資料から紐解きます。 かつてのブリュッセル市の宮殿 Palais du Coudenberg で開催。

家族の日
日程 2015年5月17日 (日)
16世紀の文化に気軽に触れられる日。当時の料理のテイスティング、クロスボウの試し打ち、「新世界」からもたらされた薬学植物、ルネッサンス時代に流行したゲーム、歴史上の登場人物などに触れることができます。 Palais du Coudenberg で開催。

・カール5世とサブロン聖母教会のタペストリー展
日程 2015年5月22日(金)〜8月30日(日)
タペストリーの世界的な名産地だったブリュッセルで作られた4つのタぺストリーは、オメガングというお祭りの1シーンをそれぞれ描いたもの。 四散していましたが、ルネッサンス期以来、初めて一堂に会し、サンカントネール・ミュージアムで公開されます。

・オメガング
日程 2015年6月30日(火)、7月2日(木)
ブリュッセルのお祭りを代表する「オメガング」とはフラマン語(フランダース地方のオランダ語)で「輪になって歩く」という意味です。 その起源は、14世紀に、市内にあるサブロン聖母教会に祀られたマリア像の周りを人々が行列したことに遡ります。 徐々に大掛かりなものになり、ブリュッセルの一大イベントに発展していきます。 1549年に神聖ローマ皇帝カール5世とその息子フェリペがブリュッセルを訪問した際には、歓迎のための盛大な式典として、グランプラスで開催されました。 現在行われている「オメガング」は、そのときの様子を再現したものです。
サブロン聖母教会をスタートした行列が、町を行進しながら、夕方グランプラスに続々と到着。 ブリュッセルの旗と楽隊を先頭に、カール5世をはじめ、当時の衣装をまとった1000人を超える貴族、馬上騎士、司祭、ギルド商人、職人、一般市民、巨大人形や道化などが練り歩きます。 カール5世と貴族に扮するのはなんと実際のベルギーの貴族たちです。 広場ではさまざまなパフォーマンスが披露され、夜遅くまで華麗な演技に彩られます。
 

(c)VISITBRUSSELS  Photo by E.Danhier

(c)VISITBRUSSELS  Photo by E.Danhier

関連記事
◆ ラーケン王宮の温室公開
◆ アール・ヌーヴォー建築の故郷を訪ねて〜ブリュッセル
◆ ベルギー・フランダース2015年主なイベントカレンダー

ページトップへ