Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ブルージュからダムへ 自転車とプチクルーズの旅

一方通行など交通規制が多いブルージュでは自転車が便利。 街中の観光にもおすすめです。駅前や街中に数か所のレンタサイクル・ショップがあり、自転車を借りることができます。 ブルージュから北東7kmのところにある町ダム(Damme)は、緑あふれるフランダースの平原の風景を満喫できる小さくて穏やかな町。 12世紀に運河が築かれ、ブルージュの外港として、ワインやニシン貿易の重要な貿易拠点として繁栄しました。 13世紀にはゲントまでも運河が延びましたが、土砂の堆積で港が塞がれ、14世紀ごろから衰退していきます。 往時の繁栄ぶりは、今やすっかり内陸の町となったダムの市庁舎、聖母教会、聖ヨハネ施療院などの建物に残っています。

ブルージュからダムまでは、サイクリングで約30分。 半日ほどの小旅行にぴったりです。 見逃せないのは、町のはずれにある聖母教会の塔からのパノラマ。 210段の階段をがんばって登ると、どこまでも続きそうなフランダースの平原が見渡せます。 町をひと回りしても1時間程度。 マルクト広場から出発して、小路をぶらぶらしながらお洒落なショップやカフェに立ち寄ってみましょう。 マルクト広場には、ファサードにダムを興したフィリップ・ダルザス伯をはじめとするフランダース地方の貴顕たちが彫刻された調和のとれたゴシック建築である市庁舎が建っています。

ダムはまた本の町としても知られ、多くの古本屋があります。 漫画、宗教、文学などそれぞれに専門がある個性的な店ばかり。 お気に入りの本を片手にカフェで時間をやり過ごす・・・そんな時間が似合う町です。 第2日曜日はマルクト広場でブックマーケットが開催されます。

自転車が苦手な方は4月から9月まで運行している遊覧船Lamme Goedzak号でプチクルーズを楽しみましょう。途中でポプラ並木や平原の景色を楽しめます。 ダム〜ブルージュ間の運河は片道35分、7.5ユーロ。 1日4往復しています。

(c)J.J.Soenen

(c)J.J.Soenen


 
関連記事
ブルージュで3年に一度の現代アートと建築の祭典
ブルージュのレースセンターと体験ワークショップ
ページトップへ