Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ユトレヒトのミッフィー60周年記念イベントへ行こう!

Miffy_60YLogo_ENG_Colour250ミッフィー60周年をお祝いしよう!

2015年は、ミッフィーが誕生して60周年。 オランダ・ユトレヒト出身のグラフィックデザイナーであり絵本作家のディック・ブルーナさんが、その代表作となるミッフィーが登場する最初の絵本を発表したのが1955年6月21日のこと。 60周年の今年は、特別な記念の年をお祝いする各種イベントがオランダで行われています。 ミッフィー60周年の記念ウェブサイト http://www.miffy.com/60-years-miffy/

ミッフィー60年特別展 Celebrating 60 years of Miffy!
期間: 2015年6月20日〜9月20日
場所: セントラール・ミュージアム(ユトレヒト)http://centraalmuseum.nl/en/

ミッフィー60周年をミッフィーが生まれたユトレヒトのセントラール・ミュージアムでお祝いしましょう。

Illustrations Dick Bruna (c) copyright Mercis bv, 1953-2015 www.miffy.com

Illustrations Dick Bruna (c) copyright Mercis bv, 1953-2015 www.miffy.com

ミュージアムのメインホールが、ミッフィーのお誕生日をお祝いするデコレーションで飾られます。 子供向けのイベントがたくさん企画され、家族で楽しむのにぴったり。また、特別展のもうひとつのセクションは、大人のミッフィーファン向けとなります。 文化や芸術史などに絡め、ミッフィーが最初に発表された1955年から今日まで60年の間にどのような変遷をたどってきたのか、オリジナルの絵や、出版された本、関連映像、人気グッズなどと共に振り返ります。

ディック・ブルーナさんのスタジオ公開
期間: 2015年9月初旬〜
場所: セントラール・ミュージアム(ユトレヒト)http://centraalmuseum.nl/en/

ディック・ブルーナさんのスタジオが、セントラール・ミュージアムの最上階に移築され、一般公開する計画が進められています。 オリジナルの作業台、作品の構想を練るときに座った椅子、書棚、打ち合わせに使ったテーブルなどの家具やブルーナさんの私物が運び込まれ、自宅のスタジオと同じ雰囲気を再現。 ブルーナさんのファンはぜひ訪れてみたいスポットとなるでしょう。

セントラール・ミュージアムは、同市出身のアーティスト、ディック・ブルーナさんの原画を含むコレクション600点を長期で借り受けています。 スタジオの再現の他、今後ミュージアムではブルーナさんの作品を大人向けに展示。 向かいにあるディック・ブルーナ・ハウスでは改修工事が行われ(下記参照)、子供のいるファミリー向けの展示を行います。

セントラール・ミュージアムには、ブルーナ・コレクションの他、世界遺産のシュローダー邸で知られるリートフェルト、ファッションデザイナー・ヴィクトール&ロルフ、ユトレヒトのカラヴァッジョ派、マレーネ・デュマスなど、古典からモダン、歴史からデザイン、実験的から記念碑的なものまで、幅広いコレクションが公開されています。

ディック・ブルーナ・ハウスが生まれ変わります

セントラール・ミュージアムの向かいの館が2006年に「ディック・ブルーナ・ハウス」というミュージアムとしてオープン。 以来、作品を愛する人の巡礼の場所となってきました。 2015年7月6日より、同ミュージアムは改装工事のため休館となります。 2015年12月にリニューアル・オープンを予定。 改装後は、「ミッフィー・ミュージアム」という名のもと、主に子供とその家族に向けたミュージアム&アトラクションに生まれ変わります。

関連記事
ツールドフランスの出発地 ユトレヒトの魅力
ユトレヒトの新しい観光スポット

ページトップへ