Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダのスイーツ ゴーダワッフルを手作りで

ゴーダワッフルとして知られるストロープワフェル(シロップ入りワッフル/オランダ語でstroopwafel)はオランダの典型的なスイーツ。 ワッフル型に焼き上げた薄いクッキーの中に、キャラメルシロップが挟まっている甘いお菓子です。 街中や空港の土産物屋で、かわいい風車の絵などをプリントした缶に入ったものがよく売られています。 オランダ人も大好きでなんと年間2,200万個が販売されます。

ストロープワフェルは焼き菓子ですから、常温で食べてももちろんおいしいのですが、屋台などで食べる焼き立ての味は格別です。 そんなオランダを代表するスイーツを自分で焼いて、そのアツアツを食べられるミニワークショップがゴーダという街で体験できます。 すでに混ざり合わさっている材料を型に入れて、右下の写真のような焼き機で焼くだけの簡単なものですので、どなたでも体験できます。 またお店のワッフルを記念にお土産として買って帰ることもできます。

ストロープワフェル作り体験 Stroopwafels Maken

値段(2012年8月調べ)

€5.25ユーロ ワークショップ
(焼いたワッフルを持ち帰ることができます)
※ほかに、ワークショップにコーヒーまたは紅茶がつくコース。さらに焼いたものとは別のワッフルのテイスティングが含まれるコースもあります。

参加条件 6名以上25名まで(要予約)

★問い合わせ&予約先
ショップ名
Gebackerij and Tearoom Van den Berg
住所
Lange Groenendaal 32, 2801 LT Gouda
電話 +31 (0)182 529975
ウェブサイト 
www.vd-berg.nl

★ゴーダへのアクセス
アムステルダム中央駅からゴーダ(Gouda)駅までSprinterという直通の快速列車があります。
所要55分。

★ゴーダの街
ゴーダは中世の街並がよく残っている街。 小さなスケールの町なので徒歩で散策できます。 15世紀建造の市庁舎を中心にしたマルクト広場では、6月から8月の毎週木曜日(10時から12時半)にチーズ市が開かれる他、夏季以外は木曜日の午前中と土曜日(9時から17時)にマルクト広場で青空市が開かれます。 また、昔の計量所が現在チーズと手工芸の博物館になっています。 ゴーダといえばキャンドルつくりも有名。聖ヤン教会はオランダで最長の123mの身廊をもつ教会で、16世紀に製作された美しいステンドグラスで特に知られています。 市庁舎前のツリーに名産のキャンドルが灯されるたった1晩のイベント「ゴーダのキャンドルライトの夕べ」(2012年は12月11日開催予定)はクリスマス時期に旅行する人は狙って訪れてみたい。

 

ページトップへ