Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダ最大の干拓地フレボランドを探検 7つのおすすめスポット

アムステルダムの東に20世紀の干拓事業で誕生した「ニューランド」と呼ばれるエリアがあります。オランダで最も新しいフレボランド州です。人工の干拓地から生まれた野生の動物が生息する大湿地帯があるかと思えば、土地を活かしたオランダ有数の球根畑が広がり、また建築などで最先端を行く近代的な街も誕生しているとてもユニークな場所です。ニューランド・エリアで楽しめる7つの魅力をご紹介します。

Oostvaardersplas 馬の楽園 オランダ フレボランド

1.世界最大の干拓地に触れる

いまから約100年前、オランダで最も若い州であるフレボランドのある場所は海の下でした。20世紀前半に締切大堤防の建設を含む一大干拓事業が行われました。フレボランド州が誕生したのは約30年前の1986年のことです。一から始められた街づくりによって、アルメレやレリスタッド(フレボランドの州都)といった未来的な建築や実験精神にあふれた街が誕生しています。水際に作られたこうした街は一方で自然へのアクセスがよく、ウォータースポーツを始め様々なスポーツを楽しむことができます。オーストヴァールダースプラッセン(Oostvaardersplassen)と呼ばれる56平方キロメートルの湿地帯は、1968年の干拓地が手つかずのまま残り、野生化した家畜、他の地域から流入した鹿や野鳥などの動物が住む楽園となっています。

アルメレ オランダ 建築 Almere

2. 建築めぐり

新興都市にも拘わらず国内第3の建築の街として知られるのがアムステルダムからIC(インターシティ)で23分で到着する「アルメレ(Almere)」。欧州の新興都市の中でも建築の面白さは随一と言われ、テウン・コールハース、ヘルマン・ヘルツベルゲン、リースベス・ファン・デル・ポルなどのオランダ人建築家がこぞって新しい建物を建てています。建築センター「cASLa」ではここの都市計画について知ることができます。

3. 景観が織りなすアートの世界

フレボランドでは広大な干拓地という特性を活かし、土地そのものをアートの材料とし舞台に見立てた巨大な「ランドアート」が盛んです。アントニー・ゴームリー、ダニエル・リべスキンド、リチャード・セラといった著名アーティストの作品を含む6つのランドアートが公開されています。すべてを効率よく1日で回ることのできるガイドツアーもあります。2015年のツアー情報(アルメレ出発)

ソークランド オランダ 世界遺産 Schokland

4. 世界遺産ソークランド

オランダは低地という土地柄、長い年月せまりくる水(洪水)と戦ってきました。現在もなお治水が大事な国家事業とされています。その水との歴史を象徴するのが「ソークランド(Schokland)」です。海水面の上昇に応じて、陸続きになったり孤島になったソークランドは、中世の頃から人が住んでいた地域ですが、水害の危険が高まり19世紀に人々はとうとう土地を去ることになりました。現在は周辺の干拓のため水に浸かることはなくなり陸続きとなりましたが、ソークランドはそのままモニュメントとして1995年ユネスコの世界遺産に登録されました。海水の侵入を防ぐための砦などが教会と共に残され、ミュージアムとして公開されています。オランダで最初期にユネスコの世界遺産に登録されたことを考えると、この場所の歴史的な重みが感じられます。

ウルクの村の漁師たち

ウルクの村の漁師たち

ウルクの村の灯台

ウルクの村の灯台

5. アイセル湖畔・漁師の村と海洋王国の栄光を伝える船

Draaien Batavia005かつてのゾイデル海を北の締切大堤防によって閉じて、中を淡水湖としたのがオランダ最大の湖、アイセル湖です。ここでオランダ人は泳いだり、ウィンドサーフィンやヨットを楽しんだりしています。 レリスタッドにほど近いアイセル湖畔に、オランダの黄金時代17世紀の東インド会社の「バタビア号」をそっくりそのまま、しかも当時の手法を使って建造された船が係留されています。ここはオランダの海の歴史に触れられるスポット。当時の手技を伝える船大工の仕事を見学することもできます。
レリスタッドからバスで45分の村、ウルク(Urk)は締切大堤防ができるまでは、ゾイデル海に浮かぶ小さな漁師の村でした。ヨットハーバーなどウォータースポーツの基地となった港では、現在も様々なアクティビティを開催。昔日の風情を残した旧市街には新鮮な魚料理を出すレストランやカフェも健在。鰻の養殖もさかんです。夏季は対岸のエンクハウゼンまで旅行者向けのフェリーが運行しています。

アウトレット オランダ レリスタッド バタビア

6. オランダを代表するアウトレットでお買い物

バタビア・スタッドは250のファッションブランドが入ったアウトレットモール。レリスタッドからバスで10分の湖畔にあります。ここではお得な買物を楽しむことができます。取り扱いブランドや営業時間などはアウトレットの公式HP(英語)をご覧ください。

フレボランド州にオランダで最も長いチューリップ街道がある

フレボランド州にオランダで最も長いチューリップ街道がある

7. 春のチューリップ祭り

フレボランドのノールドオースト干拓地(Noordoostpolder)には国内最長のチューリップルートがあります。なんと総長約100キロメートル、面積約1万平方キロメートルものチューリップ畑があり毎年春、一面に花を咲かせます。
ナショナルジオグラフィック誌により2009年、世界で最も美しい自動車道路のひとつに選ばれたチューリップルート。まるで絵葉書の中に入ってしまったかのような、色鮮やかな花畑の中、ドライブを楽しむことができます。チューリップというとキューケンホフ公園が知られていますが、観光地化されていない畑をめぐるフレボランドの旅は一味違ったものになるでしょう。チューリップルートはフレボランド州の南東部にあります。ルート上にはサインがあり簡単にたどることができます。チューリップ摘み、農家の庭園散策、ファーマープロダクトの販売などもあります。4月中旬から5月にかけてが見ごろです。またレンタサイクルもおすすめ。サイクリングにちょうどよい19kmほどの「ガーデンルート」があります。

関連記事
◆ 秋に歩く、ヘットロー宮殿とゴッホの森
◆ オランダ・夏を彩る花パレード
◆ 日本・ベルギー友好150周年と花の一大イベント

ページトップへ