Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

アムステルダム・スキポール空港 100年を迎えて

2016年9月19日、オランダの玄関口、アムステルダム・スキポール空港が誕生して100年を迎えます。

アムステルダム・スキポール空港 外観 オランダ

1916年、ハーレメルメーアの湖を埋め立てた土地に、オランダ航空業の父と呼ばれるヤン・デラールトによって計画されたスキポール空港は当初、滑走路もなく、木造の小屋が4つあっただけでした。100年経ち、現在のスキポール空港は、年間5800万人の旅客と160万トンの貨物の輸送拠点という欧州第4位の巨大なハブ空港に成長。オランダと世界を結ぶ国の玄関口です。

● ロイアルの称号

この度、アムステルダム・スキポール空港に「ロイヤル(オランダ語でKoninklijk)の称号がつきました。オランダでは、100年以上、特定の分野で大きな功績を残し、国の発展に寄与した企業や団体に、オランダ王室からロイヤルの称号が与えられます。

スキポール・グループのロゴ

スキポール・グループのロゴ

● オランダ国王がお祝い

2016年9月16日、オランダ国王ウィレム==アレクサンダーが、アムステルダム・スキポール空港100周年を祝います。100年前の同日、オランダ空軍の3機の飛行機がスキポール空港に着陸しました。1920年、KLMオランダ航空によりアムステルダム~ロンドン線が就航。同年、440名がこの便を利用し、スキポール空港の旅客の歴史が始まりました。第二次世界大戦後の1949年より、スキポール空港は国の空港として大規模に拡張されます。現在は約45万回の発着を数える、欧州を代表する空港になりました。
100周年をお祝いして、オランダ国王の出席のもと、9月16日当日はスキポールの名前の付いたチューリップの発表や青少年を支援するスキポール基金の記念行事などが行われる予定です。

● アムステルダム・ミュージアムでの特別展

アムステルダム市の博物館 Amsterdam Museum で「スキポール空港の100年展(100 YEARS OF SCHIPHOL – READY FOR TAKE-OFF)」が開催されます。

100周年を記念し、牧草地に囲まれた小屋だったころから、現代のハイテク空港へと変貌を遂げるまでのスキポール空港のダイナミックな歴史を振り返り、未来を見据えた展示を行います。1920年の飛行機のエンジン、戦争時に見つかった爆弾、犬によって発見された密輸品、歴代の客室乗務員のユニフォーム、1960年代に空港に設置されていたデザイン家具といった、空港のなかで見かける様々なものを公開します。空港の知られざる顔を教えてくれる質問コーナーや、管制官の気分で離着陸を指示したり、セキュリティ・コントロールの役になったりしながら空港の機能を学ぶゲームもあります。巨大なプロジェクターでは24時間休まず動く空港の映像を上映します。

スキポール空港の100年展
日程:2016年9月16日~2017年5月7日

アムステルダムミュージアム スキポール空港 展覧会 オランダ

アムステルダム・スキポール空港は常に拡張され、利便性が向上しています。2015年12月に新しくヒルトン・ホテルがオープン。オランダ・ブルバード、セキュリティチェックなどの施設や通路は最近大幅にリニューアルされました。2016年3月に工事が始まった、最新の飛行機に対応できる新ピアの建設は2019年に完成予定です。また、1400万人が利用できる新ターミナルの建設が2023年までに行われる予定です。メインビルディングの南への拡張や鉄道駅・バス停・スキポールプラザも拡充していきます。今後も成長し続ける、スキポール空港をお楽しみに!

ページトップへ