Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

2016年オランダのクリスマスイベント

2016年から2017年にかけて、オランダで開催されるクリスマスおよびイルミネーションを楽しむイベントをご紹介します。冬は日が暮れるのが早い時期なので、ライトアップを楽しむのにぴったりの季節。この時期ならではの、美しい光景を楽しみましょう。

アムステルダム ダム広場

アムステルダム ダム広場

11月13日 聖ニコラスの到着、アムステルダム
聖人ニコラスの伝説をご存じでしょうか。オランダで行われる「聖ニコラスのお祭り」は、移民と共にアメリカに伝えられ、サンタクロースの起源となったと言われています。船乗りの守護聖人でもある聖ニコラスは、毎年スペインから蒸気船に乗ってオランダへやってくるとされています。アムステルダムの港に、今年も船に乗った聖ニコラスが従者達とともにやってきます。良い子にしていた子供たちにはプレゼントを用意してくれるというところにも、サンタクロースの伝説の原型を感じます。聖ニコラスの到着のパレードでは、従者ぺーターが子供たちにお菓子を配りながら、アムステルダム市内を賑やかにパレードします。その模様は毎年テレビ中継されるため、オランダでは聖ニコラスの存在を信じている子供がほとんどだとか。聖ニコラスの日(12月6日)に各家庭を訪れるとされる、聖ニコラス。子供たちはその日のためにがんばって良い子にし、また聖ニコラスが乗ってくる白い馬のために、人参を用意したりします。

聖ニコラス

聖ニコラス

11月18日~12月23日(予定)ファルケンブルグの洞窟のクリスマス・マーケット
オランダ南部、マーストリヒトの郊外にファルケンブルグ(Valkenburg)という小さな町があります。ここには長年石材を切り出して出来た洞窟があり、洞窟をライトアップしておこなうクリスマスマーケットは、ロマンチックな雰囲気があり人気です。ドイツやベルギーからもショッピング目当ての人々がやってきます。ファルケンブルグの町では、水曜と土曜の夜にクリスマス・パレードが行われます。フェスティバル気分の町を歩くだけでも楽しくなります。

ファルケンブルグ クリスマス マーケット オランダ

11月23日~27日 デ・ハール城のカントリー&クリスマスフェア
ミッフィーの故郷として知られるユトレヒトから、バスで30分の郊外に、ロスチャイルド家所有の「デ・ハール城」があります。中世の雰囲気あふれるお城の内部は、一般公開もされています。
カントリー&クリスマスフェアは、お城の庭園を埋め尽くすほどのテントが200以上建ち並ぶ、人気のマーケット。クリスマスグッズだけでなく、インテリア雑貨や洋服など様々なものが売られ、ショッピングを楽しみながら、ホットワインやホットチョコーレートを楽しむ人々で賑わいます。開園:午前10時~午後10時 (最終日は18時まで)

クリスマスマーケット(イメージ)

クリスマスマーケット(イメージ)

12月2日~1月1日 マジカル・マーストリヒト
南部はオランダのなかでも、カトリック信徒がいまも多いエリア。その中心ともいえる、マーストリヒトでは毎年クリスマスの時期は特に盛り上がります。旧市街がクリスマスイルミネーションに彩られ、フライトホフ広場には、クリスマスマーケットともにスケートリンクが出現。陽気なサンタクロースがも歩き回っています。オランダの冬の名物オリボーレン(丸い揚げドーナツ)や焼き立てのワッフル、ホットワインの屋台などが楽しめます。

マーストリヒト クリスマス オランダ

12月1日~1月22日 アムステルダム・ライトフェスティバル
アムステルダムでもクリスマスマーケットなどはありますが、この時期のハイライトは、駅前、運河、アムステル川を中心に、光のオブジェが展示されるライト・フェスティバルです。始まってまだ数年という新しいイベントですが、水辺にアーティスティックなオブジェが映える様子は毎年話題になっています。イベントのスケジュールはイベント公式HP(英語)でご確認ください。

アムステルダム・ライト・フェスティバル

アムステルダム・ライト・フェスティバル

12月16日 ゴーダ・キャンドルライトの夕べ
オランダ風ワッフル「ゴーダワッフル」やチーズで知られる町ゴーダは、15世紀の頃からキャンドルの生産地としても知られていました。2016年で61回目を迎えるこのイベントでは、ゴシックスタイルの市庁舎前に飾られた巨大なクリスマスツリーを中心に、約3万人が参加。家々の窓にキャンドルが点され、広場ではプロの歌手が登場し、クリスマスキャロルなどが歌われます。雰囲気が盛り上がってきたところで、巨大なクリスマスツリーが点灯されます。キャンドルライトの日(12月16日)と翌17日は、聖ヤン教会の中でクリスマスマーケットが開催されます。街中で音楽が演奏されたり、仮装パレードが登場したりと、市民が参加して作るイベントは、温かい気分になります。

ゴーダ クリスマス オランダ

ゴーダ キャンドルライトの夕べ Photo by Hedwig Schipperheijn

ゴーダ キャンドルライトの夕べ Photo by Hedwig Schipperheijn

12月16日〜18日 ドルトレヒトのクリスマス市
クリスマス・ショッピングならドルドレヒト(Dordrecht)へ。ロッテルダム近郊の町に、2.5km、300店舗というオランダ最大規模のクリスマスマーケットが出現します。2015年は3日で35万人以上が訪れたとのこと。また、11月半ばから12月4日まではサンタクロースの元祖ことオランダの人気者「シンタクラースの家」が登場します。

ドルトレヒトのクリスマス(c)Dordrecht_Marketing

ドルトレヒトのクリスマス(c)Dordrecht_Marketing

12月15日~20日 ミダフテン城のクリスマス
いまも高貴な方の住まいとして使われている、オランダ中部にあるミダフテン城。城主は期間限定で一般の人にも開放。また様々なイベントを開催し、地元の人々を迎え入れています。クリスマスの時期は、地元の著名フラワーアーティストが花とオーナメントで城内を飾りつけ、クリスマスディナーセッティングで飾られたテーブル、アンティーク食器や家具が並べられた部屋と共に公開されます。どの部屋にも華やかなツリーが飾られ、古城にロマンチックなムードがあふれます。かつての厩舎や台所(地階)では、楽しいクリスマスマーケットも体験できます。ミダフテン城の一般情報はこちら(日本語)をご覧ください。

ミダフテン 城 クリスマス オランダ

ミダフテン 城 クリスマス オランダ

※上記日程は変更になる場合があります。最新情報は、掲載ホームページや現地の観光案内所にてご確認ください。

関連記事
● ベルギー・フランダースのクリスマスイベント

ページトップへ