Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

モンドリアンとデ・スタイル100周年

19世紀にオランダで生まれた「デ・スタイル(De Stijl)」が2017年、100周年を迎えます。来年は「モンドリアンからダッチ・デザインへ」のテーマのもとに、デ・スタイルという芸術運動の立役者ピエト・モンドリアンから、いまのオランダのデザイン(ダッチデザイン)の流れを読み解く企画展やイベントが、ユトレヒトをはじめオランダ各地で開催されます。モダンアートとデザインに興味のある人にとって、2017年オランダは注目の一年です。

オランダ各地のデ・スタイル100周年のイベントや関連スポットの紹介はこちら(英語)で詳しくご覧いただけます。

モンドリアン ダッチデザイン ロゴ

デ・スタイルとは

デ・スタイルは、1917年にオランダで創刊され1928年まで続いた雑誌「デ・スタイル」を中心に行われた芸術運動です。雑誌発刊当時から現在にいたるまで、美術、デザイン、建築などの分野で強い影響をもっています。中心となったのは、画家のピエト・モンドリアン、建築家・デザイナーのヘリット・リートフェルト、自身芸術家でありながら雑誌の発行も担当したテオ・ファン・ドゥースブルフ、ビジュアル・アーティストのバート・ファン・デル・レックなどで、彼らはユトレヒトおよび近郊のアメルスフォールトで生まれました。

デ・スタイル派の理念を表現した画家ピエト・モンドリアン

デ・スタイルの理念を表現した画家ピエト・モンドリアン

デ・スタイル(De Stijl)はオランダ語でスタイル=様式を意味します。その理念を決定したのは、モンドリアンが提唱した≪新造形主義≫です。新造形主義とは、純粋に造形表現を追及した結果、垂直と水平の線と原色による表現へと辿りついたもので、これに賛同した多くの画家、建築家、彫刻家たちが、デ・スタイル運動に参加しました。ジャンルの垣根を越えて参加した芸術家たちにより、運動が広まり、徐々に理念が実現していく過程は、いかにもオランダらしいと言えるかもしれません。デ・スタイルは特定のジャンルにこだわらず、「トータル・アート」を目指していました。

モンドリアンの提唱した≪新造形主義≫による、垂直と水平の線と原色による表現は、そのまま画家の作品に見ることができます。直線を多用し、少ない色を効果的に配したリートフェルトのシュローダー邸も、デ・スタイルの理念を表現した建築の傑作。後にユネスコの世界遺産に登録されます。デ・スタイルの運動は15年足らずと短いものでしたが、様々な芸術分野にまたがり、ミッフィーの絵本の作者としておなじみのユトレヒト出身のアーティスト、ディック・ブルーナの作風や、イヴ・サン=ローランの「モンドリアン・ルック」などをはじめ、後年の芸術家や芸術運動に大きな影響を与えました。そして100年経ったいまもアーティストにインスピレーションを与え続けています。

建築や家具デザインでデ・スタイル派を表現したリートフェルト

建築や家具デザインでデ・スタイルを表現したリートフェルト

デ・スタイル・コレクション

オランダは、レンブラント、フェルメール、ゴッホといった絵画の巨匠の出身地として知られていますが、オランダの社会に大きな影響を与え、またヨーロッパにおいて建築やグラフィックデザインに大きな影響を与えたという点においては、「デ・スタイル」の作品の力の方が大きいかもしれません。デ・スタイル運動で生まれた作品を統括的に鑑賞できる場所といえば、ハーグ市美術館です。100周年を記念する2017年、ハーグ市美術館(Gemeentemuseum Den Haag)は、これまでより拡大した館内750㎡のスペースを使って、美術館のモンドリアン・コレクションを中心に、デ・スタイル運動によって生まれた作品を展示します。

世界最大のモンドリアン・コレクション

ハーグ市美術館は、モンドリアンの作品を300点収蔵する世界で類のないミュージアムです。モンドリアンは早くから、そして晩年までコンスタントに作品を描き続けた画家です。作風の変遷がミュージアムのコレクションから俯瞰できます。

モンドリアンは生粋のアーティストで、自身の美意識のしもべとなり、芸術のために人生をささげた画家として知られています。とはいえその生活をひも解いてみると、芸術への真摯な姿勢とは別の人生を送っていたこともわかります。同時代に活躍したアメリカの画家マーク・ロスコは、モンドリアンは他に例がないほど現実世界での喜びを楽しんだSensualなアーティストだと言っています。外出を楽しみ、ジャズ愛好家で、ダンスが大好き、そしてたくさんのガールフレンドがいたそうです。風景などの現実を描く絵画から始まり、抽象画へと進んでいった、そんなアーティストの内面が、ハーグ市美術館のコレクションを通して見えてくるかもしれません。本展にはもちろん、モンドリアンが亡くなる直前まで描いていた未完の「ヴィクトリー・ブギウギ(Victory Boogie Woogie)」も展示されます。当時モンドリアンが住んでいたニューヨークから生まれたリズムと弾ける活気が感じられる大作です。

ハーグ モンドリアン ヴィクトリー ブギウギ 絵画 オランダ

ピエト・モンドリアン「ヴィクトリー・ブギウギ」

モンドリアンとデ・スタイル展(常設展示)
会場 ハーグ市美術館

常設展と同時に、下記の企画展が開催されます。

● ピエト・モンドリアンとバート・ファン・デル・レック~新しい芸術の発明
2017年2月11日~5月21日(予定)
3年ほど芸術運動共にし、友人でもあったデ・スタイルの中心となる2人の画家の作品約80点と共に、モンドリアンの原色(赤、青、黄)の謎に迫ります。ニューヨークのMoMAなどから貸し出された作品も展示。

デ・スタイル バート・ファン・デル・レック オランダ

バート・ファン・デル・レックの作品

● モンドリアンを発見~アムステルダム、パリ、ロンドン、ニューヨーク
2017年6月3日~9月24日(予定)
ハーグ市美術館のモンドリアン・コレクションを通して、初期の風景画から、抽象画へ・・・オランダから出発し、パリ、ロンドン、ニューヨークへと作品を描き進めていった20世紀のモダンアーティストの人生を辿ります。

ピエト・モンドリアン「夜、赤い木」 Gemeentemuseum Den Haag所蔵

ピエト・モンドリアン「夜、赤い木」 Gemeentemuseum Den Haag所蔵

● デ・スタイルの建築とインテリア
2017年6月10日~9月17日(予定)

社会に対し、普遍性、秩序、バランス、美で貢献することを信条としたデ・スタイルは、モダンデザインにも大きな影響を与えてきました。デ・スタイル運動によって生まれた作品を通して、建築やインテリアの世界を探ります。

ユトレヒト セントラルミュージアム リートフェルト 家具 オランダ

ヘリット・リートフェルト「レッドブルーチェア」

※ユトレヒトおよびアメルスフォールトで開催されるデ・スタイル派100周年のイベント詳細
www.destijl100.nl/en(英語)

デ・スタイル100周年に訪れたいスポット

● リートフェルトのシュローダー邸(ユトレヒト)

トゥルース・シュローダー=シュローダー夫人が、デ・スタイル運動に参加した建築家のヘリット・リートフェルトに依頼し、1924年に建てたモダン住宅の先駆けとなる素晴らしい建築。2000年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。ガイドツアー(英語あり、要予約)で、日本の建築様式にインスピレーションを得たといわれるフレキシブルな空間、色、そして線が生み出す、理念と遊び心に満ちた建築を体験できます。

ユトレヒト <img src=

参照:リートフェルト・シュローダー邸について

● セントラールミュージアム(ユトレヒト)

ユトレヒト市の美術館セントラルミュージアムは、ヘリット・リートフェルトの作品を所蔵しています。シュローダー邸もそのひとつですが、ジグザグ・チェア、レッド・ブルー・チェアなどに代表される家具のコレクションも世界一を誇り、その一部が館内に展示されています。デ・スタイル100周年の2017年は「リートフェルトの傑作、デ・スタイル派よ永遠に!」という企画展を開催します。あまり目に触れる機会のない初期の家具を、同派のアーティスト、バート・ファン・デル・レック、テオ・ファン・ドゥースブルフ、ウィレム・ファン・ルースデンらの作品と一緒に展示します。
またセントラルミュージアムには、ユトレヒト出身のアーティストであり、デ・スタイルの影響がその作品に見られるディック・ブルーナのアトリエを移設・展示しています。こちらも必見です。

参照:ミッフィー・ミュージアムとディック・ブルーナのアトリエ

ユトレヒト セントラルミュージアム オランダ

ミュージアムの開館日時:月曜日を除く毎日 午前11時~午後5時
企画展の開催日程:2017年3月4日~6月11日(予定)
美術館公式HP(英語)

● モンドリアンの家

1892年、ピエト・モンドリアンが生まれ、8歳まで過ごした家がアメルスフォールトにありました。現在、同じ場所に建物が再建され、初期の作品、手紙、写真、スタジオの再現などの展示を行い、画家の人生と作品について学ぶミュージアムとして公開。モンドリアンとデ・スタイルの世界観に浸ることができます。モンドリアンに影響を受けた現在作家の作品も展示されています。

パリのアトリエを再現した部屋

パリのアトリエを再現した部屋

住所:Kortegracht 11, Amersfoort
開館:月曜日、国王の日、クリスマスを除く毎日 午前11時~午後5時
公式HP:mondriaanhuis.nl(オランダ語)

オランダ各地のデ・スタイル100周年のイベントや関連スポットの紹介はこちら(英語)で詳しくご覧いただけます。

ページトップへ