Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ベルギービール、チョコレートetc. ローカルイベントで美味しい旅

2017年春以降、ベルギーの主要都市で開催されるビール、チョコレート、ローカルフードのイベントをお知らせします。地元の人が参加するフードフェスティバルは楽しく活気のあるものばかり。ベルギーならではのローカルな味を楽しんで、気に入ったものをお土産物に・・・。毎月どこかで開催されているので、ご旅行の日程に合わせてぜひ訪ねてみてください。

アントワープ・チョコレート・ウィーク
ANTWERP CHOCOLATE WEEK
2017年3月3日~12日
会場 アントワープ各所
ツーリストインフォメーション(観光案内所)もしくはイベントに参加している市内20か所のチョコレートショップのいずれかで「チョコレートパス」を手に入れます。このパスには、10ユーロで10枚のチョコレート・クーポンがついてきます。アントワープの観光エリアにあるチョコレートショップを訪ね歩きながら、クーポンと引き換えに1枚で2つのプラリネがお店から提供されます。クーポンで試食をしながら、好みのチョコレートショップを見つけたら、そこでショッピングを楽しんでみたい。1か所のショップでクーポン2枚まで使えます。最後に、街の広場グルーンプラーツにある出来たばかりのフードマーケット「メルカド(Mercado)」に立ち寄ってみましょう。館内にある「チョコレート・ファクトリー(Antwerpen chocoladestad-fabriek)」の展示が無料で観覧できます。

アントワープにあるチョコレートショップ

アントワープにあるチョコレートショップ

ルーヴェン・ビールウィークエンド&ジトス・ビールフェスティバル
ZYTHOS BEER FESTIVAL
2017年4月22日~23日
会場 ルーヴェンのブラバントホール(Brabanthallen)ほか
ルーヴェンには、世界最大のビール会社アンハイザー・ブッシュ・インベブ(AB InBev)の本拠地があり、「ステラ・アルトワ」に代表される国際的なビールを生み出していますが、このビールフェスティバルでは、もっとローカルなブランドを紹介。なんと100の醸造所から500種類のビールが出展します。ビールの名所めぐり、旧市街にある醸造所DOMUSでビールテイスティング、レストランのビールを使った料理メニューなどベルギービールの文化を体験するイベントも開催されます。アンハイザー・ブッシュ・インベブの醸造所もこの日は特別に一般公開されます。街をあげてのビール祭りです。

ルーヴェン ビール フランダース

テイスト・オブ・アントワープ
TASTE OF ANTWERP
2017年4月28日~5月1日
会場 アントワープのエイランチェ地区ワーグナディー(Waagnatie, Eilandje)
アントワープ市最大のフードフェスティバル。市内のトップレストランが集い、スヘルデ川沿いの会場でクリエイティブな料理を出します。手軽にベルギー料理の美味しさが楽しめます。

(c) Antwerpen Toerisme & Congres

(c) Antwerpen Toerisme & Congres

ツール・デ・グーズ
TOER DE GEUZE
2017年5月6日、7日
会場 ブリュッセル郊外 パヨッテンランドとセンヌ谷(Pajottenland & Zenne Valley)
1997年より奇数年に開催。第11回を迎えるベルギービール通好みのイベントです。ベルギーならではの貴重な「ランビックビール」の醸造所と「グーズビール」の生産所が特別に一般公開されます。各醸造所はブリュッセル郊外に点在しているので、バスツアーがおすすめ。3月初旬にバスツアーの情報がイベント公式HP(オランダ語)TOER DE GEUZEに掲載されるとのこと。前回の参加醸造所はBoon、De Troch、3 Fountains、Hanssens、Lindemans、Mort Subite、Oud Beersel、Tilquin、Timmermansでした。

(c) Kris Jacobs

(c) Kris Jacobs

ゲント・スマークト
GENT SMAAKT
2017年5月24日~28日
会場 ゲント市庁舎とその周辺
中世の歴史を感じるゲント中心部で開催されるフードフェスティバル。ゲント生まれのシェフが参加し、ローカル料理やローカルフードプロダクトを提供します。

ゲント名物の鶏肉を使ったワーテルゾーイ (c) Kris Jacobs

ゲント名物の鶏肉を使ったワーテルゾーイ
(c) Kris Jacobs

ブリュッセル・イン・ザ・スカイ
BRUSSELS IN THE SKY
2017年6月
会場 ブリュッセルのアトミウム
初開催から10年目を数えるブリュッセルの食のエンターテイメント。50メートルの空中に釣り上げられたテーブルで食べるディナーは、驚きとスリルに満ちているだけでなく、全員がミシュラン星をもつブリュッセルのトップシェフたちが参加して作り上げる最高のグルメ体験。食にうるさいベルギー人も思わず唸る美味しい料理が食べられるからこそ、人気が続いているのです。まるで天国にいるかのような空のランチやディナー、人生で1度は体験すべきでしょう。

ビール・パッション・ウィークエンド
BEER PASSION WEEKEND
2017年6月23日~25日
会場 アントワープのグルーンプラーツ広場(Groenplaats)
アントワープの中心にある広場で1年に一度開催されるビール祭り。40の醸造所の200のビールが楽しめます。若手醸造家のユニークなフレーバーのビールなどもあり、ミュージックバンドがイベントを盛り上げます。

チョコレートとペアリングして楽しむ若手醸造家のビール

チョコレートとペアリングして楽しむ若手醸造家のビール

ハピェ・タプェ・ルーヴェン
HAPJE TAPJE LEUVEN
2017年8月7日~13日
会場 ルーヴェン市中心部
路上や広場に屋台が出て、ルーヴェンの美味しいものが食べ歩けるフードフェスティバル。アウデマルクト広場にはベルギーのイベントに欠かせないローカルビールの屋台が並びます。バーテンダーのコンペティションやシェフのデモンストレーションなど楽しいアクティビティも。

アルデマルクト (c) Toerisme Leuven

アウデマルクト (c) Toerisme Leuven

ノースシー・フェスティバル
2017年8月中旬の週末2日間
会場 ゼーブルージュ(Zeebrugge)のアウデ・フィスマインサイト(Oude Vismijnsite)からスタート
北海の魚介がおいしくなる夏、3日間にわたりブルージュ近郊の港町ゼーブルージュで開催されるフードフェスティバル。ローカルレストランの魚料理に舌鼓を打ちましょう。北海名産の小エビの殻むきワークショップなどベルギーの魚介の食文化にも触れられるイベントです。

北海の名産、小エビの料理

北海の名産、小エビの料理

ボレックスフェースト
BOLLEKESFEEST
2017年8月17日~20日
会場 アントワープ旧市街
アントワープの名産がそろうフードフェスティバル。「Bolleke Koninck」の愛称で親しまれているデ・コーニング醸造所のローカルビールがイベント名の由来です。市内各所で地元ミュージシャンがパフォーマンスを繰り広げる楽しいイベント。

ボレケと呼ばれる丸みを帯びたグラスに注がれるのが流儀 (c) Stefan Jacobs

ボレケという愛称はこの丸みを帯びたグラスから
(c) Stefan Jacobs

ベルギー・ビール・ウィークエンド
BELGIAN BEER WEEKEND
2017年9月1日~3日
会場 ブリュッセルのグランプラス広場
日本でこの数年開催され人気を博している「ベルギービールウィークエンド」の元祖がこのイベントです。世界一美しいといわれるユネスコ世界遺産のグランプラス広場を会場に、ベルギーを代表するブロンド、ホワイト、ブラウン、フルーツなど各種ビールが勢ぞろいします。

ブリュッセル ビールウィークエンド フランダース

イート!ブリュッセル・ドリンク!ボルドー
EAT! Brussels, drink! Bordeaux
2017年9月7日~10日
会場 ブリュッセル公園
ブリュッセルの王宮の向かいにある緑豊かなブリュッセル公園で開催。名店のシェフがシグネチャーメニューをお手ごろな値段で提供するフードフェスティバル。「ワインパス」でボルドーワインが楽しめるほか、お菓子のブースもたくさんあり、グルメをカジュアルに満喫できます。

ビールとホップ祭り
2017年9月15日~17日
Beer and Hop Festival
会場 ポッペリンゲ市内各所
ビールにとって重要なホップの生産エリア、ポッペリンゲにて3年に1度開催される「ホップ」をテーマにしたお祭り。ホップの女王が命名され、ホップの歴史を物語るパレードが開催され、ローカルの醸造所で出来立てのビールを味わったり、レストランでのビールと料理のペアリングが楽しめます。

 

(c) Poperinge

(c) Poperinge

クッケート
KOOKEET
2017年9月23日~25日
会場 ブルージュの駅前広場(Stationsplein)
水の都ブルージュで開催されるフードフェスティバル。この町で活躍するシェフ30名が参加し、お手頃な値段でレベルの高い料理を提供します。

モデスト・ビールフェスティバル
THE MODESTE BIERFESTIVAL
2017年10月7日~8日
会場 アントワープのデ・コーニンクビール醸造所
アントワープのローカルビール「デ・コーニンク」の父と呼ばれ50年にわたり醸造所に貢献した Modeste Van den Bogaert にささげたビール祭り。Modesteが英語のmodest(謙虚な)と同じ読みということから、modest な小さな醸造所が選ばれ参加しています。ここでしか味わえないレアなお気に入りを見つけましょう。

アントワープ コーニンク ビール フランダース

ジュネヴァ祭り
Jeneverfeesten
2017年10月14日~15日
会場 ハッセルト市内
英国の蒸留酒「ジン」の元となったのが、オランダやベルギーで愛好されている「ジュネヴァ」です。ハッセルトは「ジュネヴァ」で有名な町。毎年10月中旬に町をあげてジュネヴァ祭りを開催します。醸造所での見学や試飲ができるほか、街中のあらゆるものがジュネヴァ色に染まります。ジャズの演奏、ストリートパフォーマンスやアンティーク・マーケットなどが開かれ、強いお酒の印象とは異なり、ゆったりとした空気のなか観光が楽しめるイベントとなっています。

ジュネバミュージアムのテイスティングバー

ジュネバミュージアムのテイスティングバー

クリスマス・ビールフェスティバル
CHRISTMAS BEER FESTIVAL
2017年12月16日~17日
会場 アントワープ郊外 エッセン(Essen)
日本ではビールは夏を中心とした飲み物という印象がありますが、ベルギーでは四季を問わずビールを楽しみます。各季節に合わせた特別ビールが醸されるのもその理由のひとつです。クリスマス・ビールフェスティバルでは、季節限定で作られた約170種のクリスマスビールや冬ビールが登場。エッセンという町にはO.B.E.R.というビールテイスティング協会があり、ここの主催ということで、世界のビールフェスティバル通には知られているのですが、とても質の高いビールが集まると評判です。鉄道の最寄り駅からシャトルバスが運行します。

※日程は2017年2月調べです。詳細や最新情報はイベント名からリンクしている公式HP(英語・オランダ語)でご確認ください。

関連記事
ベルギービールがユネスコの無形文化遺産に
アントワープの新しい建築とフードマーケット
レトロ感いっぱい グルメトラムとミニSL
オランダの古城・屋敷を観て、泊まって、食べて

ページトップへ