お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」日本とオランダで開催

美術ファンにおなじみの印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホ。彼の日本への憧憬と芸術的な接点や影響にスポットを当てた企画展が、日本とオランダで開催されます。生前に絵がたった1枚しか売れなかったゴッホも、いまや世界の人気者。旅行の前や後で、日本とオランダで、ゴッホの夢想した ≪日本≫ に触れてみませんか。

● 日本がテーマに

ゴッホと日本、相互の関係にスポットを当てた企画展が2017年8月26日(土)から、札幌で開幕し、東京、京都の3都市を巡回します。ゴッホが敬愛した日本とのつながりを紐解き、ゴッホの芸術を愛した初期の日本の愛好家たちについて学ぶことができます。これまで様々なゴッホ関連の企画展が開催されましたが、本展では日本をテーマにすることにより、ゴッホの独特な感覚に没入したり、画家の目線で日本の美を再発見するなどのユニークな体験ができそうです。

展覧会の概要

1853年にオランダに生まれたフィンセント・ファン・ゴッホは、1886年にパリに移り、この地でさまざま刺激を受けながら、自らの絵画表現を模索していきます。そこで大きな役割を果たしたものが、日本の浮世絵でした。ゴッホは浮世絵版画を収集し、それを模写した油彩画を描き、構図や色彩を学び取っていきます。

《花魁》(溪斎英泉による) フィンセント・ファン・ゴッホ、1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

《花魁》(溪斎英泉による)
フィンセント・ファン・ゴッホ、1887年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

さらにゴッホは、浮世絵をはじめとする美術作品や日本を紹介した文章を咀嚼しながら、独自の日本イメージを醸成していきます。1888年には、芸術家たちの共同体を作ろうと南仏のアルル へ赴きました。大いなる期待を胸に訪れたこの地を、彼はしばしば日本と重ね合わせています。ゴッホにとって日本は、創意の源であり、夢にまで見た理想郷だったのです。

《寝室》 フィンセント・ファン・ゴッホ 1888年 油彩・カンヴァス ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam

《寝室》フィンセント・ファン・ゴッホ、1888年
ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

1890年、ゴッホはパリ近郊のオーヴェール=シュル=オワーズで亡くなります。そしてその後、今度は日本人がこの画家を賞賛し、理想化するようになりました。 ゴッホが最晩年に交友を持ったオーヴェールの医師ガシェの一族のもとには、3冊の芳名録が残されていました。そこには、1920年代に憧れの画家の終焉の地を訪れ、その足跡をたどった日本の画家や文学者たち240名あまりの署名が記されています。

《種まく人》 1888年 ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam

《種まく人》フィンセント・ファン・ゴッホ、 1888年
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」は、オランダのゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館、米国のシンシナティ美術館、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、メトロポリタン美術館といった世界の名だたる美術館が所蔵する油彩とデッサン、ならびに個人コレクションからほとんど公開されることのない作品が、一堂に会する場となります。

ゴッホの日本憧憬と、1887年以降の画業で重要な位置を占める日本美術への関心とが、時とともにどのように深まり、どのように彼の作品の特質となっていったのかを探ります。

本展についてさらに詳しくは展覧会の公式HP http://gogh-japan.jp/をご覧ください。

ゴッホ 巡りゆく日本の夢

札幌展 2017年8月26日(土)~10月15日(日)
会場:北海道立近代美術館

東京展 2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月・祝)
会場:東京都美術館

京都展 2018年1月20日(土)~3月4日(日)
会場:京都国立近代美術館

● 日本からオランダへ

本展は、日本での巡回展の後、2018年3月23日より、オランダ、アムステルダムにある「ゴッホ美術館」にて Van Gogh & Japan として展覧されます。アムステルダムのゴッホ美術館は、世界最大のゴッホ・コレクションを収蔵しています。数々の傑作を含む、ゴッホの初期から晩年までの幅広いコレクションはもちろん、弟テオとの書簡や友人ゴーギャンの作品などを展示しています。来春、オランダへご旅行される方は Van Gogh & Japan 開催中のゴッホ美術館への立ち寄りをお忘れなく。

Van Gogh & Japan
2018年3月23日~6月24日
会場:ゴッホ美術館(オランダ)

アムステルダムのゴッホ美術館(南館やエントランスは日本の黒川紀章設計事務所による)

アムステルダムのゴッホ美術館(左側の新館とエントランス部分は日本の黒川紀章設計事務所の設計)

 

ページトップへ