お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

六本木にて7日間限定の特別上映「見たことがないブリューゲル」

ブリューゲル450年記念イベント 東京六本木
2019年9月、東京・六本木ヒルズでピーテル・ブリューゲル(父)の没後450周年を記念したイベント「見たことがないブリューゲル~巨大3スクリーンによる映像の奇跡~」が開催されます。

画家ブリューゲルは、後世のアーティストに様々な影響を与えながら、いまなお人気の高いベルギー・フランダース地方を代表する画家です。その作品には、たくさんの人物・家屋・動物・風景などが画面いっぱいに描かれ、そのすべてを肉眼で観ることは難しいといわれています。

今回のイベント「見たことがないブリューゲル」では、スーパー高解像度(Gigapixel)で撮影された3つの作品、《反逆天使の転落》(1562、ベルギー王立美術館所蔵)、《ネーデルランドの諺》(1559、ベルリン国立美術館所蔵)、《洗礼者ヨハネの説教》(1566、個人蔵)が会場の巨大スクリーンに映し出されます。

この映像は、2016年3月からブリュッセルのベルギー王立美術館にて「Unseen Masterpieces」として公開され、アート関係者含む世界中の評判となっています。最新の技術により、ブリューゲルが肉眼では見えにくい細部にも深い意味を表現していることや、まるで心理学者のように羨望、執念、疑惑といった人々の心理状態をとらえて、それを生き生きと描いていることがわかったからです。

ベルギー王立美術館のブリューゲル特別展

ベルギー王立美術館で公開された「Unseen Masterpieces」

イベント期間中に、アカデミーヒルズで、本展監修・企画の明治大学名誉教授 森洋子先生によるセミナー「デジタル技術が寄与した新次元のブリューゲルの魅力」、展示「書籍で知るブリューゲルの世界」を開催するほか、六本木ヒルズアリーナで連携イベント「ベルギービールウィークエンド」が開催されます。「ベルギービールウィークエンド」では、ブリューゲルの作品《農民の婚宴》(1566-67)に描かれているとされる、ベルギーのブリュッセル近郊で伝統的に作られている野生酵母を使ったランビックビールが販売されます。今秋、東京 六本木でブリューゲルの世界に浸ってみませんか?

見たことがないブリューゲル~巨大3スクリーンによる映像の奇跡~
会期:2019年9月10日~16日
会場:六本木ヒルズ・ヒルズカフェ/スペース
イベント公式ウェブ
住所:東京都港区六本木6-11-1
上映時間:11:00~23:00(最終入場は22:30、初日~15:00) ※12分の映像を繰り返し上映
※入場無料

ページトップへ