お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

『ゴッホ展』が上野の森美術館、兵庫県立美術館で。初期から晩年まで約40点が集結。※鑑賞券プレゼントあり

ゴッホ展 上野の森美術館 チラシ

オランダ出身の画家フィンセント・ファン・ゴッホをめぐる特別企画展『ゴッホ展』が、まもなく東京・上野の森美術館(10月11日~2020年1月13日)ではじまります。また本展は、兵庫県立美術館(2020年1月25日~3月29日)にも巡回します。

初期の作品から晩年の代表作まで約40点を展示。これまで幾度も取り上げられてきた人気の画家ゴッホですが、本展はオランダの「ハーグ派」とフランスの「印象派」というゴッホが出会った2つの大きなアートムーブメントを切り口に、ゴッホの画業に焦点が当てられます。

本展は、ゴッホ時代のアートを専門とし、アムステルダムのゴッホ美術館のキュレーターとして活躍、現在はオランダ・ハーグ(市立)美術館館長のベンノ・テンペルが監修しています。ゴッホ作品約40点のほか、ゴッホに影響を与えたルノワールなどの作品約20点が展示されます。10か国25カ所から集まった傑作を観るチャンスです。

世界中から愛される画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90)は、1853年オランダ南部の小さな町ズンデルトに生まれました。画廊勤務や伝道師の仕事を経て、27歳頃、画家になることを決意。1881年からオランダ・ハーグで過ごし、親戚で画家のアントン・マウフェから絵画の手ほどきを受けました。

ゴッホの故郷ズンデルト

生誕の地ズンデルトにあるゴッホ兄弟の銅像

マウフェらは当時、ジャン=フランソワ・ミレーやテオドール・ルソーなどで知られる「バルビゾン派」に影響を受けながら、「ハーグ派」として活動していました。本展では、ゴッホの師匠ともいえるマウフェの作品や「ハーグ派」に導かれた初期のゴッホの素描として、農民のありのままの姿をモチーフとした《ジャガイモを食べる人々》(1885)などを紹介します。

オランダ・ハーグ美術館

本展に作品を出品しているオランダ・ハーグ美術館

1886年、ゴッホがパリに移り住んだ頃、友人ゴーギャンをはじめ、ピサロ、ドガ、スーラといったポスト印象派の画家たちが頭角を現していました。彼らと交流し制作を共にしたゴッホは、オランダ時代とは異なった明るい色彩や、筆触を残す描き方を積極的に取り入れていきます。

本展では、アルルや晩年のサン=レミで描いたフランス時代の傑作として、メトロポリタン美術館所蔵の《糸杉》(1889)やワシントン・ナショナル・ギャラリーの《薔薇》(1890)などが展示されます。

展覧会に出品されるサン=レミ時代の作品
(クレラー・ミュラー美術館所蔵)
Vincent van Gogh, The garden of the asylum at Saint-Rémy, May 1889

展覧会に出品される作品(クレラー・ミュラー美術館所蔵)
Vincent van Gogh, View of Saintes-Maries-de-la-Mer, 1-3 June 1888

ゴッホをつくった2つの重要な出会い「ハーグ派」と「印象派」から、どのようにゴッホの独自の画風が生まれたのか。『ゴッホ展』で初期から最晩年まで、ゴッホの短くも濃密な画業を体験してみませんか。


ゴッホ展

〈東京会場〉
会期:2019年10月11日~2020年1月13日
会場:上野の森美術館
住所:台東区上野公園1-2
開館時間:9:30~17:00(金土〜20:00) ※入場は閉館の30分前まで
休館日:12月31日、1月1日

〈兵庫会場〉
会期:2020年1月25日~3月29日
会場:兵庫県立美術館
住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
開館時間:10:00~18:00(金土〜20:00) ※入場は閉館の30分前まで
休館日:月(祝祭日の場合は開館、翌火休館)

※詳細は展覧会の公式ウェブサイトをご覧ください。

【プレゼントのお知らせ】

『ゴッホ展』東京会場(上野の森美術館)の鑑賞券を、10組20名様にプレゼントします。ご希望の方は以下のリンクフォームからお申し込みください。受付は2019年10月15日(火)まで。応募多数の場合は抽選を行い、10月20日頃、当選者に発送します。

ゴッホ展 鑑賞券 応募フォーム

ページトップへ