観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

2018年のイベント・オランダ編 現地でしか味わえない体験に参加してみよう

2018年、オランダで開催される主なイベントをご紹介します。オランダの旅、ぜひ現地でしか味わえないイベントにも参加してみましょう。

レーワルデン テラス 運河 計量所 オランダ フリースラント

2018年は、フリースランドの州都レーワルデンが欧州文化首都に選ばれています。欧州文化首都の見どころや特別企画展についてはこちらのページをご参照ください。

※イベント名からのリンクは現地のウェブ(英語、オランダ語)になります。

2018年

1月20日  ナショナル・チューリップ・デー、アムステルダム
アムステルダムのダム広場に国内の栽培農家たちが用意したチューリップ庭園が1日だけ開園し、誰でも無料でチューリップ摘みが体験できます。生産数17億本のといわれるオランダのチューリップ。世界中の家庭に春を届けるという思いで開催します。
1月24日~2月4日 ロッテルダム国際映画祭
1月26日~27日 2018年欧州文化首都 オープニングイベント、レーワルデン

マーストリヒトのカーニバル

マーストリヒトのカーニバル

2月11日〜13日  マーストリヒトのカーニバル
オランダ南部のマーストリヒトの人々は、陽気で明るく、ユーモア好きと言われます。そのマーストリヒトでは早春にカーニバルで盛り上がります。その年の「おバカの王子(Prince of Fools)」と呼ばれるカーニバルの王子がマルクト広場で発表されます。町のあちこちに音楽隊が登場し、パレードが行われます。

2月15日~5月13日 「ヤン・ステーンの歴史画」展、マウリッツハウス美術館、ハーグ
3月9日〜18日  TEFAFヨーロッパ・ファイン・アートフェア、マーストリヒト
欧州屈指のアートとアンティークのフェア。多くのディーラー、専門家、コレクターが集います。美術館で展示されるような1級品も展示され、目の保養にもなるアート・フェスティバルです。
3月22日〜5月13日 キューケンホフ公園、リッセ ※日本語記事あり
3月23日~6月24日 「ゴッホと日本」展、ゴッホ美術館、アムステルダム ※美術館公式HP(日本語)

アルクマール チーズ マーケット オランダ
3月31日~9月29日 チーズ・マーケット、アルクマールのワーフ広場(期間中の毎週金曜10:00〜13:00、一部火曜の夜19時からも開催)
1365年から開催されているチーズ・マーケット。最大で30,000キロ(2,200個)の巨大な丸いチーズが並ぶ姿は壮観です。伝統に従ってチーズがどのように取り引きされているのかをご覧いただけます。
4月上旬〜8月下旬  ゴーダのチーズ市(毎週木曜10:00〜13:00。)
● 参照記事 チーズの本場で楽しむチーズマーケット
4月21日  春の花パレード、ノールドワイク〜ハーレム
北海沿岸の球根栽培地帯で行われる花パレード。海辺の町ノールドワイクから古都ハーレムまでを1日かけて、花に飾られた20台の山車と30台の車がパレードします。午後3時頃に人気観光スポット「キューケンホフ公園」の前を通過。前後の日には山車の展示もあります。
4月28日~10月28日 エッシャー展、フリース博物館(レーワルデン)
● 参照記事 エッシャー生誕120年 故郷レーワルデンでの回顧展とエッシャー・ミュージアム

国王の日 オランダ オレンジ

4月27日 国王の日
ウィレム=アレクサンダー国王の誕生日に、オランダ中が王家の色オレンジに染まり、国を挙げてパーティ気分で盛り上がります。オランダ国民は誰でも路上でフリーマーケットや音楽などのパフォーマンスをしていい日となり、アムステルダムやユトレヒトは特ににぎわいます。市中心部では市電やタクシーの乗り入れができないエリアもあるので注意。

4月28日~5月2日 花のモザイク・フラワーデー、アンナパウロウナ
アムステルダムの北、ワデン海に接する小さな村で行われる花を使ったモザイク画を展示するお祭り。
5月10日(キリスト昇天祭の日) レーワルデンの花市
5月12日〜13日(5月の第2土日) 風車の日、オランダ各地
オランダ各地に残る風車を使って、文化遺産の風車をお祝いするお祭り。旗などの装飾で化粧をした風車が回ります。内部が見学できるものも。
6月 オランダ・フェスティバル、アムステルダム

アムステルダム・オープン・ガーデン・デイズ

アムステルダム・オープン・ガーデン・デイズ

6月15日〜17日  オープン・ガーデン・デイズ、アムステルダム
オランダの庭が最盛期を迎える季節に、アムステルダムの運河ハウスの中庭が期間限定で公開されます。40軒近い庭の中には、普段入れない個人宅もたくさん含まれていて、まさに秘密の花園。
日本語記事あり
6月28日~8月23日 ウェストフリース民俗祭、スカーゲン(7月26日を除く期間中の毎週木曜10:45~)
6月 アールスメア・フラワー・フェスティバル
世界一の花の卸市場があるアールスメアで開催される花をテーマにしたお祭り。
7月〜8月  エダムのチーズ市(期間中の毎週水曜10:30〜12:30)
アムステルダム北にある絵葉書のような可愛らしい町エダムで夏季のみ開催されます。近隣のマルケンやフォーレンダムといったアイセル湖畔の村と合わせて1日かけてめぐるのも楽しい。
7月13日〜15日 ノースシー・ジャズフェスティバル、ロッテルダム
1976年から続くジャズの名のもと国内外の幅広いミュージシャンが参加する音楽フェス。開放的な港町ロッテルダムの各所にステージが出ます。
7月17日〜20日 フォーデーズマーチ(4日間歩け歩け大会)、ナイメーヘン
開催100回を超える歩くスポーツの祭典。様々な年齢や国籍の人が参加し、盛り上がります。
7月28日~8月6日 プライド・アムステルダム(運河パレードは8月4日)

ウェストランド水上の花レード

ウェストランド水上の花レード

8月上旬  ウェストランドの水上花パレード
● 参考記事 花王国オランダのフラワーパレ―ド
8月10日~19日 運河祭り、アムステルダム
期間中、市内各所でコンサートを中心としたイベントを開催。ハイライトは、プリンセン運河にあるピュリッツアーホテル前で開催される水上クラシック・コンサート。橋や船の上から無料で観覧できます。
8月24日~9月2日 古典音楽祭、ユトレヒト
8月下旬 プルーヴェネミント(食の祭典)、マーストリヒト
8月下旬 アウトマルクト、アムステルダム
9月から始まる新しい文化シーズンのプログラムの紹介を兼ね、無料で各種演目が上演されます。フォンデル公園がメイン会場。

ズンデルトの花パレード

ズンデルトの花パレード

9月2日(9月第1日曜)ズンデルトの花パレード
ゴッホの故郷、ズンデルトで開催される花パレード。近隣はダリアの生産地でオランダ最大といわれる花の山車が競われます。期間中は有料観覧席が設けられます。
9月15日(9月第3土曜) ティールの収穫祭
フルーツを使った山車が練り歩くファンタジックなパレード。
9月8日~9日  オープン・モニュメント・デー
通常非公開のモニュメントが公開される特別な週末。
9月中旬 ロッテルダム・フィルハーモニー・ゲルギエフ・フェスティバル
9月18日(オランダ国会開会宣言 国王夫妻馬車パレードの日
毎年9月の第3火曜日にオランダの国会が始まります。このときの開会宣言を国王が行うため、執務宮ノ-ルドアインデから、国会のある騎士の館までを特別な馬車でパレード。沿道で見学することができます。
9月下旬 ネーデルランド・フィルム・フェスティバル、ユトレヒト
10月3日 ライデンの解放記念日
長い包囲網に耐え、スペイン軍からの解放を祝いニシンを食べたという伝説が残るライデン市民のためのお祭り。ライデンは祝日となります。
10月中旬 アムステルダム・マラソン
10月中旬 アムステルダム・ダンス・イベント(ADE)
● 参考記事 世界最大のダンス・カンファレンスを体験
10月下旬 ダッチデザインウィーク、アイントホーフェン
ユニークでクールなデザインで知られるオランダ最大のデザインイベント。プロダクトだけでなく、環境、グラフィックアート、ファッションなど多岐にわたるデザイン作品が展示されます。
11月3日(11月第1日曜)アムステルダム・ミュージアム・ナイト
アムステルダムの市内のミュージアムが夜間まで開館。さまざまなイベントが開催されます。
11月中旬 グロウ(光のアートフェスティバル)、アイトホーフェン
● 参考記事 デザインシティ アイントホーフェンを体感する秋のイベント

聖ニコラスの到着 アムステルダム

聖ニコラスの到着 アムステルダム

11月中旬  聖ニコラス到着のパレード、アムステルダム
サンタクロースの原型とも言われる聖ニコラスは、12月6日の聖人の日の前にスペインから蒸気船に乗ってオランダへやってくるとされています。従者ピーターとともに、子供たちにお菓子を配りながらアムステルダム市内を賑やかにパレード。その模様はオランダで毎年テレビ中継されています。
11月下旬 デ・ハール城のカントリー&クリスマスフェア

ファルケンブルグの洞窟のクリスマスマーケット

ファルケンブルグの洞窟のクリスマスマーケット

11月中旬〜12月23日  ファルケンブルグの洞窟のクリスマスマーケット
12月 マーストリヒトのクリスマスイベント
11月下旬~1月 アムステルダム・ライト・フェスティバル
12月中旬:各地のクリスマスマーケット
ハーレム ドルトレヒト ハーグ ライデン
12月中旬 チャールズ・ディケンズ・フェスティバル、デフェンテール

ゴーダ キャンドルライトの夕べ Photo by Hedwig Schipperheijn

ゴーダ キャンドルライトの夕べ Photo by Hedwig Schipperheijn

12月中旬 ゴーダキャンドルライトの夕べ
12月中旬 ミダフテン城のクリスマス
アーネム郊外にある中世の雰囲気が残るお城。クリスマス前の数日、城内がたくさんの豪華なツリーやフラワーデザイナーの装飾、クリスマスのディナー食器などで飾り付けられ、マーケットなどが開かれます。
● 参考記事 貴族の城と庭園を訪ねるミダフテン城

※情報は2017年11月現在のもので、変更になる場合があります。最新の情報はイベントの公式ウェブなどでご確認下さい。

このトピックの関連記事
● 2018年ベルギー・フランダースのイベント

ページトップへ