観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

アムステルダム国立美術館 2019年はレンブラント・イヤー

アムステルダムのアイコニックな運河に囲まれ、フォンデル公園の近く、ミュージアム広場の中心に鎮座するアムステルダム国立美術館は、世界で最も有名な美術館のひとつ。ぜひ立ち寄ってみてください。そのコレクションは、中世から現代までのオランダの歴史を表しています。素晴らしい建物の中で、オランダの歴史を探訪し、8,000点を超える傑作をご覧ください。ゴッホの「自画像」、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」、レンブラントの最高傑作「夜警」といった他に類を見ないハイライト作品をお見逃しなく。

レンブラントの没後350年を迎える2019年、アムステルダム国立美術館は「レンブラント・イヤー」をお祝いします。世界で最も偉大な画家のひとり、レンブラントの偉業を企画展やイベントを通して讃える、特別な1年となります。

レンブラントのすべて展  All the Rembrandts
2019年2月15日~6月10日

アムステルダム国立美術館のレンブラント・イヤーは、22の油彩画、60の素描画、300を超える版画など所蔵のレンブラント作品すべてを展示する史上初の試み「レンブラントのすべて展」で開幕します。

「(アムステルダム国立美術館の)レンブラントのすべて展 」は、テーマごとにレンブラントの人生と作品の様々な側面を紹介します。前半の展示では、若き画家としてのレンブラントの軌跡をたどります。レンブラントが自画像を描くために鏡をのぞき込む時、その絵を見る私たちもレンブラントを見つめます。 後半の展示は、レンブラントが生きた環境と影響を与えた人々にフォーカスします。

「夜警」の修復

アムステルダム国立美術館は、レンブラントの最高傑作として名高い「夜警」の修復作業を一般公開します。2019年7月から始まる修復プロジェクトは、期間中ご来館いただいく皆さまへ公開すると共に、オンラインでその様子を配信します。

Photo by Iwan Baan

レンブラントとベラスケス展 Rembrandt – Velázquez
2019年10月11日~2020年1月19日

2019年秋、アムステルダム国立美術館では17世紀のオランダとスペインの2人の巨匠を包括的に紹介する「レンブラントとベラスケス展 Rembrandt – Velázquez」を開催します。

レンブラントと同時代の画家と重要な対話を試み、また、北ヨーロッパと南ヨーロッパの絵画の流派について検証します。オランダのレンブラントとスペインのベラスケスの傑作をペアで展示。スペインのムリーリョ、スルバラン、リべーラ、オランダのフェルメール、ハルスといったレンブラントと同時代に活躍した画家の作品も展示します。

レンブラント作「ユダヤの花嫁」

アムステルダム国立美術館
開館:毎日午前9時~午後5時
チケット:大人一般
1)オンライン購入  19ユーロ
2)美術館の窓口で購入  20ユーロ
住所:Museumstraat 1, 1071 XX Amsterdam
公式ウェブ:英語 / 日本語

ページトップへ