観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

アムステルダムの秘密の花園 オープンガーデンデイズ

花と言えばチューリップのイメージが強いオランダですが、多くの人がガーデニングを楽しむのはどちらかというとチューリップの花が咲いた後、初夏から夏にかけてです。住宅地の家々の前庭に、ハーブや宿根草やバラなど季節の花が、趣向を凝らしたレイアウトと共に競い合うように咲いています。

カナルハウスの間には意外にもたくさんの緑の空間

アムステルダムに暮らす人々も例外ではありません。一見すると都会のアムステルダムは、緑豊かな風景とは無縁で、くっつきあうように並び建つ家と運河によって街の景観が作られているようです。しかしその奥には、ひっそりと豊かな庭園が広がっています。アムステルダムに「秘密の花園」を訪ねてみませんか?
アムステルダム オープンガーデンデイズ 庭園 オランダ

6月に見ごろとなるバラも、歴史あるカナルハウスを背景に一層輝く

毎年6月の第3週の週末に、30軒近くの運河沿いの建物(カナルハウス)の庭園が公開されます。アムステルダムのカナルハウスは、かつて間口の幅によって税金が課せられた時代があり、道路側に面した建物の一面は狭いのですが、奥に向かって長く作られていて、その最奥に立派な庭園がある場合が多いのです。住まう人のために造られた庭園は、表通りからは見えないため、まるで秘密の花園のようです。

個人の邸宅となっているところもあり、オープンガーデンの時期のみ公開される

 

狭い間口に合わせて造られた庭園ならでは、奥行が長い

「オープン・ガーデン・デイズ」と呼ばれるこのイベントでは、住居の中庭や運河沿いの小さなミュージアムといった個性豊かなガーデンを探訪できます。公開されるカナルハウスは高級住宅地にあり、オーナーのこだわりやセンスも楽しみ。クラシカルな庭園からアーティスティックな庭園まで、ひとつひとつが驚きの連続です。オープン・ガーデン・デイズには毎年たくさんの地元の人も訪れます。花王国オランダのガーデニングへの愛を感じるイベントでもあります。

シーボルトがオランダに持ち帰り、後に品種改良された西洋アジサイも見ごろを迎える

オープンガーデンデイズ
日程 2018年6月15日、16日、17日
場所 アムステルダム市内 約30か所
チケット入手方法 参加庭園すべてを見られる3日間の通し券をファン・ローン・ミュージアムで販売
イベント公式HP(英語・オランダ語) www.opentuinendagen.nl

 

ページトップへ