観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

宝石箱のようなマウリッツハウス美術館

オランダ黄金期の珠玉の絵画を、マウリッツハウス美術館で鑑賞してみませんか?

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、レンブラントの「ニコラース・トゥルプ博士の解剖学講義」、ファブリティウスの「五色ヒワ」、ポッターの「牡牛」といった傑作が、17世紀建造の貴族の私邸というエレガントかつ親密な雰囲気が残された建物でゆったりと鑑賞できます。

Johannes Vermeer
Girl with a Pearl Earring, c. 1665
Mauritshuis, The Hague

シルクの壁紙、シャンデリア、彩色された絵天井といった落ち着いたクラシカルなインテリア空間に、200点を超えるオランダとフランダース地方の画家の作品が展示されています。ヤン・ステーンの室内画、ライスダールの風景画、コールテの静物画、ルーベンスの肖像画といった世界を代表する傑作が訪問者を待っています。

本館地下のホールにはカフェやミュージアムショップがあります。ホールを抜けると別棟の「ロイヤル・ダッチ・シェル・ウィング」へ。ここは企画展が開催されるほか、ワープショップ等の文化教育、会議・会合が行われます。

ホッファイファーと呼ばれる水辺に面して建つ、マウリッツハウス美術館の建物は、ナッサウ=ジーゲン侯ヨハン・マウリッツの邸宅として建てられ、350年以上もハーグとオランダの歴史を見つめてきました。オランダ領ブラジル総督だったマウリッツ侯は、当時の著名建築家でクラシックなデザインを得意としたヤコブ・ファン・カンペンに邸宅の設計を依頼。1644年に完成した館に引越します。その後、持ち主は数度変わり、1822年に美術館に生まれ変わりました。

マウリッツハウス美術館は王室とのつながりが強く、開館当初よりオランダ王室のコレクションを展示しています。

2019年 マウリッツハウス美術館の企画展

「レンブラントとマウリッツハウス美術館」展
Rembrandt and the Mauritshuis
会期 2019年1月31日~9月15日

2019年、レンブラント・ファン・ラインがこの世を去ってから350年が経ちますが、偉大な画家は時代を超え、現代にもその影響をみることができます。オランダ黄金時代の素晴らしい画家の魅力は、あらゆる時代に再発見されてきました。どの時代にも、そのときに最も人気となった「レンブラント」があります。作品を詳しく調べ、新しいディテールや物語を見出してきたのです。マウリッツハウス美術館は、世界に散らばったレンブラント作品のなかでも最も重要なコレクションのひとつを所蔵しています。

2019年はレンブラント・イヤー。これを記念して、レンブラントの作品として集められたマウリッツハウス美術館所蔵の絵画18点すべてを展覧します。現在、そのうち11点がレンブラント自身によるもの、または彼に帰属する作品と認められています。

これら18点の作品が、企画展として1か所にまとめられ、マウリッツハウス美術館で展示されるのは初めてのこととなります。ひとつひとつの作品について、ミュージアムのコレクションとなった経緯が語られます。誰がこの絵を見つけたのか?購入したのか、寄贈されたのか?作品はどのように鑑賞されてきたのか?一部の作品が「レンブラントの手によるもの」と認められなくなった理由とは?

作品を並べて一堂に展示するので、鑑賞者は近くでじっくりとその違いを探すことができます。果たして、本物のレンブラントと、レンブラントでない作品の違いを見分けることができるでしょうか?現地で確かめてみてください。

Rembrandt, 1606-1669
The anatomy lesson of Dr Nicolaes Tulp, 1632
Canvas, 169.5 x 216.5 cm
Mauritshuis, The Hague

「ニコラス・マース」展 Nicolaes Maes
会期 2019年10月17日~2020年1月19日

レンブラント記念年の2019年、レンブラントの最も才能のある弟子のひとりといわれているニコラス・マースを取り上げます。聖書の物語に基づいて描かれたマースの初期の作品には、師であるレンブラントの影響がよくみてとれます。その後、家事に勤しむ女性といった家庭のなかの親密な光景を描くようになります。 1660年代からマースは、出身のドルドレヒトや首都アムステルダムの顧客に人気となった、エレガントな肖像画というスタイルを確立していきます。30点の絵画と素描から、ニコラス・マースという画家のあらゆる側面を描き出す、貴重な回顧展です。

Nicolaes Maes, 1634-1693
De oude kantwerkster, c. 1655
Panel, 38.8 x 35.9 cm
Mauritshuis, The Hague

マウリッツハウス美術館 Mauritshuis
ウェブ www.mauritshuis.nl/en/(英語)www.mauritshuis.nl/en/bezoekinformatie-japans/(日本語)
住所 Plein 29, Den Haag(ハーグ中央駅から徒歩10分)
開館 月曜日 午後1時〜午後6時、火曜日〜日曜日 午前10時〜午後6時
(木曜日のみ 午後8時まで開館)
ハーグ マウリッツハウス 美術館 ロゴ オランダ

ページトップへ