観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

フランダースの匠の技 タペストリーの世界を覗く

Tapestry by Manufactuur De Wit (c) MechelenJan Smets

Tapestry by Manufactuur De Wit (c) MechelenJan Smets

タペストリーとは、壁掛けなどに使われる室内装飾用の織物の一種です。フランス語でゴブラン織と呼ばれることもあります。13世紀ころから始まったヨーロッパのタペストリー産業の中心的役割は、16世紀にはベルギーのフランダース地方にあり、アントワープやブリュッセルを中心に最高品質のタペストリーが取引きされていました。17世紀に入るとフランダースで最も重要な産業に発展し、タペストリーといえばフランダース地方というほど熟練した技術と素晴らしい作品が生み出されました。フランダースのタペストリーは驚くほど細やかな描写力があり、多彩な色遣いで知られています。宗教、神話、歴史、狩猟、収穫など描かれるなど内容も様々。タペストリーには、生産地や職人のサインが入っているものがあります。ピーター・ファン・アルスト、ピーター・デ・パンネメーカー、フランク・ブーベルなどが著名なタペストリー職人として知られています。元となる図案はルーベンスなどの著名な画家が手掛けることもあり、常に下絵に忠実に織り込まれていきます。

首都ブリュッセルから電車で20分のメッヘレンは、カリヨンの軽やかな音色が響く古都。16世紀初頭にはネーデルランド(現在のオランダとベルギー)の首都として政治、経済、文化の中心を担っていました。メッヘレンにはいまも伝統の技を受け継ぐタペストリー工房があり、アンティーク作品を美しくよみがえらせる技術をもった設備など、フランダースの誇るタペストリー文化を伝える中心的役割を担っています。

(c)www.milo-profi.be

(c)www.milo-profi.be

(c) Layla Aerts

(c) Layla Aerts

王立デ・ウィット・タペストリー工房 De Wit

メッヘレンにあるこの工房では、フランダース地方に残るタペストリー製造の伝統技術と保存方法を紹介しています。またタペストリーの修復技術および洗浄しよみがえらせる技術が高く、世界中からアンティーク品が持ち込まれます。ここでは新旧タペストリーの展示、タペストリー制作のデモンストレーション、修復の実演が見学できます。見学をご希望の方は、毎週土曜日の10時30分に行われるガイドツアーに参加してみましょう。

サンカントネール博物館 (王立美術歴史博物館KMKG

ブリュッセルのサンカントネール記念門の右翼にある「サンカントネール博物館」は、王立美術歴史博物館の中核を成しています。国内考古学、古代、ヨーロッパ以外の文明、ヨーロッパの装飾アートの4つのセクションに分かれています。そして忘れてならないのが、タペストリーのコレクション。素晴らしい大作のアンティークやアールデコの装飾品などが見られます。ベルギーならではの匠の技による貴重な美術品をじっくりと見てみましょう。

ページトップへ