観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

プランタン・モレトゥス印刷博物館

プランタン・モレトゥス 印刷博物館 アントワープ フランダース
プランタン・モレトゥス印刷博物館(Museum Plantin-Moretus/Prentenkabinet)はルネッサンスおよびバロック時代にさかのぼる、現存する最古の産業印刷工房。当時パリやヴェネチアと並び世界の印刷術の先端を行く都市だったアントワープで創業されました。博物館の名前は、創業者のクリストフ・プランタン(1520-1589)およびプランタンの後継者モレトゥスに由来します。

(c)www.tomaskubes.cz

(c)www.tomaskubes.cz

16世紀以降のヨーロッパでもっとも名声を馳せた印刷所の遺産として、現在も書物および写本3万、木版画1万5千、銅版画3千、インキュナブラ150、その他絵画やデッサンなど同種では世界最大のコレクションを誇る印刷博物館として知られています。出版所としての機能も持っていたため、非常に文化的な場所であったことが、建物の装飾やアート、室内の調度品などから伺うことができます。現存する世界最古の印刷機や創業者一族と親交のあったルーベンスの絵画など、一見の価値があるものが並び、邸宅部分からは富豪の暮らしぶりを知ることができます。

(c)Antwerpen Toerisme en Congres

(c)Antwerpen Toerisme en Congres

1867年まで印刷業に使用されていた建物は、その建築的価値と当時のヨーロッパ最大の印刷出版工房の生活と仕事の完全なる例証であることが評価され、2005年に世界文化遺産に登録認定されました。また同博物館所蔵の古文書は、2001年にユネスコの記憶遺産として認定を受けています。

プランタン・モレトゥス印刷博物館
公式HP www.museumplantinmoretus.be(英語)
Museum Plantin-Moretus/Prentenkabinet
住所 Vrijdagmarkt 22-23, Antwerpen

ページトップへ