観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

日本・ベルギー友好150周年 記念イベント

2016年は日本とベルギーが1866年に外交関係を樹立してから150周年を迎えます。両国は長きにわたり友好関係を築いてきました。150周年という節目の年を迎え、日本、ベルギー両国において数多くの記念イベントが行われます。ベルギーでは、2016年1月に開催予定の開会式典や開会行事を皮切りに、1年間を通じて様々な分野、レベルで、事業・行事・交流等が予定されています。

日本・ベルギー友好150周年記念ウェブサイト(ベルギーでの日本関連イベントのリストなど)

日本・ベルギー友好150周年を記念して、ベルギーで開催される花の一大イベントに日本がクローズアップされます。2年に1回、そして5年に1回開催されるスペシャルなイベントは、いつ訪れてもたいへん見応えのあるものですが、日本との記念年というタイミングでご覧いただくことで、より一層楽しんでいただけるでしょう。

ブリュッセル フラワーカーペット クロースアップ フランダース

フラワーカーペット
日程: 2016年8月12日〜15日

2年に1度、ブリュッセルのグランプラス広場で開催される「フラワーカーペット」は、これまでも日本の方にも人気の高いイベントでした。2016年に第20回を迎えます。世界最大の産地としてしられるゲント周辺で栽培された美しいベゴニアの花で作られるフラワー・カーペット。そのデザイン(模様)は毎回テーマが決められているのですが、2016年は日本・ベルギー友好150周年を記念し、日本をモチーフとした絵柄となることが決定されました。夏のベルギーは爽やかで過ごしやすいことでも知られています。ぜひ盛夏に開催される花のイベントへお越しください。
公式HP www.flowercarpet.brussels(英語)

ブリュッセル フラワーカーペット 全体 フランダース

ゲント・フロラリア
日程: 2016年4月22日〜5月1日

ベルギー第3の都市ゲントで100年以上続く花の博覧会「ゲント・フロラリア」は、花のイベントとしてヨーロッパでトップクラスの知名度があります。2016年春に第35回の開催を迎え、期間中は国内外から30万人以上の入場者が集まります。ベゴニアの生産地として知られるゲントの園芸家たちが、1808年に屋内のフラワーショーを開催したのが始まりです。 主催団体は、1815年に正式に王立の名称を戴き「王立園芸協会」となります。 途中、戦争による中断を挟みながらも、「ゲント・フロラリア」は回を重ねるごとに規模を拡大し、国を代表するイベントに成長しました。現在は、5年に一度開催されています。2016年の開催は、日本とベルギーの友好150周年を記念し、日本が名誉招待国となっています。 1971年より開催地ゲントと姉妹都市の石川県金沢市が日本庭園を造るほか、日本を代表する華道の流派「いけばな草月流」の勅使河原茜さんが招待を受け、イベントに華を添えます。
このイベントについて詳しく読む

(c) Floralien Gent

(c) Floralien Gent

 

華道家の勅使河原茜さん (c) Floralien Gent

華道家の勅使河原茜さん (c) Floralien Gent

 

庭園 イメージ (c) Floralien Gent

庭園 イメージ (c) Floralien Gent

 

 

ページトップへ